ANIMAL PAK 日本で手にはいる男の最強筋トレサプリメントとは?!

img_2496
サプリメントの多くは、呑んでも呑まなくてもその違いが体感できないものが殆どです。

ここでは、実際に体感できるサプリメントANIMAL PAKを紹介します。

ボディビルディングをやっているという方のホームページに紹介されていたのが購入のきっかけになりました。

その方は疲れたとき限定で飲んでいるということでした。
スポンサーリンク

ANIMAL PAK(アニマルパック)

非常に強力なサプリです。

ビタミン等の含有量が半端ではありません。

ただ、錠剤が大きくて飲みにくいのが欠点です。

いかにもビタミン剤っていう匂いがします。

筋トレ前に飲んだり、夕食後に飲んだり・・・、飲むタイミングは決まっていませんが、毎日飲んでいます。

飲み始めてからは疲れ知らずです。

ANIMAL PAK の成分とその効用

ANIMAL PAK には多くのビタミンとミネラルが十分に含まれています。

しかも、ビタミンやミネラルにとどまらず、コエンザイムやサメの軟骨成分、胆汁などもその成分に含まれています。

購入に要する費用は決して安くはありません。

しかし、多くのボディビルダーが愛用してきたこの製品を試す価値は十分にあります。

ANIMAL PAKの成分(2パック中)

タンパク質 3g ビタミンA  9900IU ビタミンC 1g ビタミンD 680IU ビタミンE 300IU チアミン 76mg リボフラビン 76mg ナイアシン 82mg ビタミンB6 72mg 葉酸 400mcg ビタミンB12  6mcg ビオチン 300mcg パントテン酸 76mg カルシウム 2000mg リン 10000mg ヨウ素 150mcg マグネシウム 1000mg 亜鉛 150mg セレン 50mcg 銅 6mg マンガン 11mg クロム 6mcg カリウム 200mg  * リジン 300mg メチオニン 500mg ロイシン 100mg バリン760mg スレオニン48mg グルタミン酸 700mg フェニルアラニン560mg アルギニン2000mg * シベリア人参 2000mg オリエンタル人参 250mg サルサパリラ 500mg プロトゲンA 200mg イノシン 500mg ピリドキシンαケトグルタル酸(PAK) 200mg カルニチン 25mg ピコリン酸クロム 50mcg コエンザイムA 20mg コエンザイムB12 10mg ホスファチジルコリン 200mg PABA 400mg コロストラム 25mg ニギス肝臓  3900mg サメ軟骨 1000mg コリンコンプレクス 1200mg バイオフラボノイド 1000mg  リノレン酸 200mg オレイン酸 100mg *  ベタインHCl 200mg ペプシン 64mg パパイン 64mg ウシ胆汁 120mg パンクレアチン 700mg マイコザイム 64mg   その他成分: モルトデキシトリン、硫酸カルシウム、クエン酸コリン、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸、パセリ、ゴールデンシール、ドンクァイ、ゴボウ、アルファルファ、ウォータークレス、ライスブラン、セルロース、ローズヒップ

ソ連がモスクワオリンピックで選手団も使っていたというシベリア人参とは何か

旧ソ連の科学アカデミーが、薬用としての研究を開始したとされる。1962年に強壮剤としての使用が承認され、1964年にエキス剤の生産が開始された。 1980年のモスクワオリンピックでは、ソ連がこれを選手団の強化に利用していたとして、話題になった。

ANIMAL PAKにはシベリア人参が含まれています。

効用としては、反射神経、持久力、集中力を高め運動能力を向上させる作用が期待されています。

日本でも、北海道のアイヌ民族が古くから民間薬として用いていました。

日本ではエゾウコギという名前で呼ばれていました。

(北海道の開拓を進めた和人はその価値を知らず、棘が固く邪魔な雑草として、見つけると片端から駆除を行ってしまったそうです。)

また、成分の中にはオリエンタル人参も含まれています。

これは朝鮮人参のことです。

こちらは生薬として大変有名です。一度は試してみたいものです。

ショップで購入する

スポンサーリンク

シェアする