40代〜50代に勧めるプロテインの選び方

「プロテイン」と検索すれば、実に様々なタイプのプロテインがヒットします。

ウェイトゲインと称して炭水化物の含有率を増やしたものに始まり、ふつうのプロテインでさえ各種ビタミン等を添加し、各社ともその商品価値を高め顧客獲得に必死な様子が伺えます。

このような状況のなか、何を基準にプロテインを選べばよいのでしょうか?
スポンサーリンク

他のビタミン剤と一緒に摂取することのムダ

多くのプロテイン製品に含まれているビタミンB群とビタミンCはともに水溶性であることが知られています。

したがって、マルチビタミン&ミネラル等のサプリメントを摂取している場合には、過剰摂取分は尿として排出されることになります。

これは無駄以外の何物でもありません。

特に、マルチビタミン&ミネラル等のサプリメントを摂取している人はよく考えるべきでしょう。

おすすめ「プロテイン」

例えば、某国内メーカーの商品紹介を見てみるとカラダづくりに欠かせない「7種類のビタミンB群」、体調維持に欠かせない「ビタミンC」を配合していることが明記されています。

さらに、「炭水化物」と称して人工甘味料が加えられている場合が殆どです。

これで1kg3000円はします。

【余分なものは入れない】というコンセプトの、完全に無添加のWPCホエイプロテイン

では、余分な人工甘味料やビタミン等が添加されていないプロテインはあるのでしょうか?

実は、ボディウィング ホエイプロテインが完全無添加という理想的なプロテインです。

¥2100/1kg(Amazon)で販売されています。

薄めのミルク味といった感じですが問題なく飲めます。

泡立ちはしますがきれいに溶けます。

好みでコーヒーやココアなどを混ぜて飲むのもアリだと思います。

添加物は自分で選んで自分で入れる。

自分オリジナルのホエイをブレンドするという安心感を手に入れましょう。

ショップで購入する

スポンサーリンク

シェアする