国産メーカーNIPPYOの絶版ダンベルをレビューする

cropped-img_2523
10年前、当時筋トレを始めたばかりの私は、必要な器具をインターネットの通販サイトやオークションサイトで物色していました。

そんな時、ふと目に止まり購入したのがNIPPYOのダンベルセットでした。

その後、NIPPYOというメーカーはもう存在していないことや、その製品はジムユース並みの品質の高さであったことを知りました。

今回は、手持ちの他の器具との比較から、今はもう市販されていないNIPPYOのダンベルセットのレビューをします。

所有する満足度は迷うことなく★★★★★です。
スポンサーリンク

仕上げ方の綺麗さ

img_2521
右の黒いプレートはFIGHTING ROAD(5kg)で右の灰色のプレートはMARTIAL WORLD(7.5kg)です。

次のプレートがNIPPYO(5kg)です。
img_2522
仕上げ方にかなりの差があるのがわかります。

縁を見るとNIPPYOUのみが平らになっています。

この仕上げ方の綺麗さは以外と大切で、(別な部分になりますが)粗悪な製品になるとバリで指を切ったという話も聞いています。

スクリュー式でないことの便利さ

img_2519
NIPPYOのカラー式ダンベルは付け替えをより短時間で行うことができます。

一方、スクリュー式だとプレートの付け替えに時間がかかり、セット間の時間に影響を与え効果的なトレーニングを行うことができません。

安全性への配慮

img_2524
スクリュー式ではよくネジが緩み、その都度締め直さないといけなくなります。

その点、NIPPYOは安全性への配慮を忘れません。

上の画像ではシャフト部分にスリットがあり、端へいくほどそのスリットが浅くなっていることがわかります。

NIPPYOのダンベルは両端をカラーで留めるようになっていますが、

カラーのネジをそのスリットに合わせることで完全にカラーが抜けることを防いでいるというわけです。

素晴らしいアイデアに脱帽です。

機器を買い揃える時に大切なこと(まとめ)

安いシャフトやプレートにはバリがあって、怪我をすることがあります。

現物で確認するしかできないことですので、通販で購入するときはそのことを覚悟で開封しましょう。

オススメ記事

ショップで購入する

スポンサーリンク

シェアする