筋肥大のためには筋肉痛は必須か?

筋トレをした翌日に感じる筋肉痛に、私たちはある種の満足感を覚えます。

逆に、筋トレをした後に筋肉痛がないと、昨日やったことは無駄だったのではないかと不安になります。

筋肉痛が起きるほどのダメージを与えなければ、筋肥大は期待できないのでしょうか?

今回はこの筋肉痛は筋肥大に不可欠かということについて書きます。
スポンサーリンク

筋肉痛と筋肥大

(?)筋肉痛が起きない ならば 筋肥大が期待できない

という事柄は正しいのでしょうか、それとも間違っているのでしょうか。

「筋トレ中のパンプアップした体は、自分の将来の姿だ」という言葉をききます。

私もよくそのことを意識していましたし、事実、ほぼそのようになっていました。

つまり、筋肉痛が起きなくても筋肥大をしてきたように思えます。

エキセントリック運動と筋肥大

筋肉痛の主原因となる運動は、筋肉が収縮方向とは逆方向に引きのばされながら力を発揮(伸張性収縮、或いはエキセントリック収縮)する運動だと言われています。

逆に、筋肉を収縮させながら力を発揮(短縮性収縮、或いはコンセントリック収縮)する運動では強い筋肉痛は生じません。

昔、合戸孝二氏が奥さんの手を借りながら、かなり強烈な、まさにエキセントリックなトレーニングをされていたのを見たことがあります。

きっと筋肉痛も起きていたことでしょう。

合戸氏はこのトレーニングが自分の身体を変化させたと語っていました。

エキセントリックな運動とは何か
例として、筋力トレーニングにおけるベンチプレスを大胸筋の視点からみたときに、バーベルやダンベルを挙上していく動きが「短縮性収縮」、下ろしていく動きが「伸張性収縮」となり、この場合は器具の重量に抵抗しながらゆっくりと下ろす動きが大胸筋の筋肉痛を生む主要因になる。

結論

筋肉痛の主原因がエキセントリックな運動による筋肉のダメージだとすると、極力エキセントリックな運動をしなければ筋肉痛はあまり起きないということになります。

では、コンセントリックな運動に筋肥大は期待できるのでしょうか?

私の考えは「否」です。

確かに、コンセントリックな運動と十分な栄養で筋肥大は望めるのかもしれません。

でも、それはエキセントリックな運動に比べ効率は落ちるでしょう。

筋力強化や筋肥大を目的としてハードなトレーニングを行えば、通常は筋肉痛につながるものです。
No pain, No gain(痛みなくして、得るものなし)

オススメ記事