免疫力を高めるためのヒートショックプロテイン入浴法

3686d18c7cd8-67ad_m
免疫力という言葉をよく耳にします。

そして、加齢に従い免疫力も次第に低下し、抵抗力も弱まると考えられています。

免疫力を高めることができれば、老後も健康に過ごすことができるでしょう。

では、免疫力を高めることはできるのでしょうか。
スポンサーリンク

体温が1℃下がれば免疫力が30%低下する

免疫力は体温と深い関係があります。

病気の時に発熱するのは、免疫力を高めようとする身体の自然な働きのおかげだと聞いたことがあります。

では、平素から免疫力を高めるにはどうしたらよいでしょうか。

そのためには、筋肉をつけて平熱を上げるのが一番です。

筋肉は熱を発生する場所ですので、筋肉量が増えればそれだけ体温が高くなります。

ひいては免疫力を高めることができるというわけです。

ちなみに理想とされる体温は36.5℃以上だそうです。

熱いお風呂に入ってヒートショックプロテインを増やそう

ヒートショックプロテインはNK細胞を活性化するそうです。

また、ヒートショックプロテインはガン細胞と結合し、NK細胞に対して標的であることを示す働きがあるそうです。

これによって、NK細胞は小さなガン細胞を標的として捉え消滅させることができるというわけです。

ヒートショックプロテインを増やすための入浴法

ヒートショックプロテインを増やすためにはどのような入浴方法が良いのでしょうか。

40℃〜42℃の熱いお湯に10分程度入り体温を38℃くらいまで上げ、その後、10分程度保温しながら安静をすると方法が一番良いそうです。

結構きつそうですが、この方法で週2回ほど実施すれば効果的だと言われています。

まとめ

身体の免疫力を高めるためには、平素から筋肉量を増やすために筋トレをすることが効果的なようです。

そして、時々温泉やサウナをゆっくり楽しむ。自由に使える時間を使って、筋トレや温泉を楽しむことが健康を維持・増進させる秘訣なのかもしれません。

オススメ記事