わたしが60歳になっても家トレを行う理由

どうして、60歳になって筋トレを行うのでしょうか。

なぜ、筋肉質な肉体であろうとするのでしょうか。

人並みに元気であれば、それで十分なはずです。

筋トレを実施し10歳も20歳も若い肉体を手に入れることは不可能なことではありません。

しかし、そうすることはあなたにとって、良いことばかりではありません。

まず、筋トレをすれば確実に健康寿命は伸びるでしょう。

そうなると食費もかかるだろうし、何と言ってもいつまでも高額な税金を納めなければなりません。

また、人は外見で判断します。

背筋を鍛え、背筋の伸びたがっちりした体型の男性に、電車の中で席を譲る人はいるでしょうか?

還暦も過ぎれば、時には席に座って流れ去る車窓を眺めながら目的地までのひと時を過ごしたいときもあります。

それでも、人はあなたがそうすることを許してくれません。

あなたと同世代の人は席を譲ってもらえるときでも、筋トレで体を鍛えたあなたは譲ってもらえることはなく、座るチ
ャンスを得ていても譲らなければいけない人なのです。

それでも筋トレをする意味はあるのでしょうか。
スポンサーリンク

私が家トレを続ける理由

私が家トレを続けている理由をまとめます。

畑等の財産管理を自分で行う

いつも妻から言われます。

「筋トレをしているんだから・・・」と。

そして、頼まれる仕事の多くは未経験者にとってしんどいことが少なくありません。

妻の世話をする

妻はよくこう言います。

「あなたは健康だから、私のこと頼むね。」

この言葉を何度も聞かされると、なぜ筋トレを始めたかわからなくなり、いつしか妻のために始めたんだと思い込むようになります。

筋トレは私をストレスから解放して前向きにしてくれる

それでも筋トレを続けているのは、筋トレをしているといつの間にか嫌なことを忘れて集中できるからでしょうか?
筋トレはストレスから解放してくれます。

そしてうつむき加減だった私を前向きにしてくれます。

筋量アップ・筋力アップはおまけに過ぎないのです。

さあ、あなたも筋トレを始めませんか?

始めるなら、人目を気にせず一人で行える家トレがオススメです。

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする