家トレでライザップ効果を出すためのポイント

img_2551-768x1024
ライザップではウェイトトレーニングなどの無酸素運動を行い筋肉をつけます。

そして、徹底して低糖質な食事を心がけるよう指導されます。

ウェイトトレーニングにより、筋量アップを目指すことで基礎代謝量を上げ、痩せやすい体を作ることをライザップは目指しているようです。

家トレでライザップの利点を生かすための3つのポイント

スポンサーリンク

毎回、限界まで追い込む(難易度C)

パーソナルトレーナートレーナーがつくことにより、追い込めます。

初心者でも限界点を超えることができるかもしれません。

それが、ライザップで効果的な筋トレが可能な理由です。

メニューは1.25kg単位の重さの調整を行い、10回できるギリギリの重量で3セットを目指すようにします。

いかに自分を追い込み、最後の力を振り絞れるか、自分の限界を超えられるか?ということが一番のポイントになります。これが一番、簡単そうでできないところではないかと思われます。

セット間の休憩時間を1分程度に抑える(難易度A)

ライザップではセット間の休憩時間を秒単位で管理します。あなたも負けないように、キッチンタイマーを準備し、秒単位で管理しましょう。

ライザップにはないメニューを取り入れよう(番外編)

ライザップでは、三角筋を前・中・後に分けてトレーニングしたり、背中のトレーニングにチンニングやベントオーバーローイングを入れていないようです。

背中のトレーニングは重要です。ぜひ取り入れ、挑戦しましょう。意識しにく背中の筋肉も、ある程度の筋量になれば意識できるようになります。

バランスのとれた食事を摂るよう心がけよう(難易度B)

タンパク質の同化作用には、炭水化物が深く関わっているようです。

タンパク質は炭水化物と一緒に摂った時に、吸収されやすくなります。白米などは炭水化物だけではなくタンパク質も含まれています。

炭水化物を口にすることに神経質になるよりも、偏りのないバランスのとれた食事を取るよう心がけましょう。

公式サイトで入会する



スポンサーリンク

シェアする