ダイエットを成功させるための3つのポイント

10kgの減量で気をつけていたのは運動後のプロテイン摂取のみ

7年前、1か月に体重を10kg近く落としたことがありました。

今回はその時、私が実践した方法から50〜60代の方に役立ちそうなダイエット法をまとめてみたいと思います。

当時は、特にダイエットに取り組んでいたわけでもないし、食事制限をしていたわけでもありません。

ウェイトトレーニングは今とは違い、ほぼ毎日やっていました。

食事については、何かを制限するというわけでもなく、普通通りとっていたと思います。

ただ、気をつけていたことは、運動の後には必ずプロテインを摂るということでした。

それでも、体脂肪を落とすことできたのです。
スポンサーリンク

ダイエットに効果を出す3つのポイントとは

《3つのポイント》
1.起床後、朝食までの間に、
2.30〜40分間ウォーキング(有酸素運動)を行う
3.運動後には必ずプロテインを摂取

起床後の運動の効果と注意点

起きてすぐの運動にはどのような注意点があるのでしょうか。

また、どんな効果が期待できるでしょうか。

起床後の運動前にすべきこと

起床後すぐの身体の状態は血流が悪く、空腹のため水分や栄養がほとんど足りていない状態です。

この状態で運動を始めるためにはそれなりの準備が必要です。

《起床後の運動前にすべきこと》
1.シャワーとストレッチで身体を目覚めさせる
2.水分補給

神経系をも含めて身体を目覚めさせることは、動きをスムースにするだけではなく事故防止にも役立ちます。

空腹時には、筋肉と脂肪のどちらが先に分解されるか

①血糖と肝グリコーゲンの糖が一番 ②①が尽きた場合、筋肉の分解が起きる

また、有酸素運動の場合、運動開始直後は血糖が若干優位に消費されますが、運動中は糖と脂肪が平行して消費されていきます。

運動強度が高ければ糖の消費率が上がり、ゆるい運動なら脂肪の消費率が上がります。

まとめ

当時は、かなりの運動量をこなしていました。

だから、食事も普通に気を使うことなく体脂肪を落とせたと考えています。

消費カロリーに見合った食事が大切なのはいうまでもありません。

しかし、新たに食事制限をするという必要は特にないと思います。

ただ、ジャンクフードは口にすべきではありません。

50〜60代ともなれば、早朝にウォーキングを楽しむことで血行も良くなり、健康になれそうですね。

スポンサーリンク

シェアする