筋トレ時に音楽を聴くことの効果

編集履歴

record-336626_1280
黙々と筋トレなどを行うのも、もちろんありですが、時には好きな音楽を聴きながら筋トレやジョギングをしてみませんか。

結構いいものです。

実は、音楽を聴くことは筋トレにさまざまなメリットをもたらすことが知られています。

音楽を聴きながら運動を行うメリット

まず挙げられるのはモチベーションのアップです。

ロンドンのブルネル大学で音楽と精神の働きを研究しているコスタス・カラジェオーヒス博士は運動時に音楽を聞くこと重要性について次のように論述しています。

「音楽は力と興奮を高め、緊張や疲労を軽減する効果がある」

「ビートは持久力を強化する」

「音楽はアスリートにとって合法ドラッグのようなものです」

よく、イヤホンで音楽を聴きながらジョギングをしたり、筋トレをしたりしている人を見かけますが、それなりの根拠があったようです。

2009年、コスタス博士は30人を対象に踏み台運動のテストを行いました。

その実験は、比較的激しいロックやポップスを聞くグループとそうでないグループに分けて行われました。

その結果、音楽を聞いたグループは15パーセントも持久力が向上したそうです。
スポンサーリンク

筋トレに効果的な音楽

コスタス博士は以下のポイントに注意して、プレイリストを活用することをすすめています。

プレイリストを選ぶポイント

1.テンポの速い曲を選ぶ
2.慣れ親しんだ曲を選ぶ
3.シャッフル機能を使う
4.曲をアレンジする
5.歌詞にこだわる

コスタス博士推奨の曲

サバイバー『Eye Of The Tiger』(109BPM)
クイーン『Don’t Stop Me Now』(154BPM)
マイケル・ジャクソン『Beat It』(139BPM)
リール・トゥ・リアル『I Like To Move It 』(123BPM)
ソルトン・ペッパー『Push It』(130BPM)



ちなみに、私はバラード系の割とゆっくりした曲をかけることが多いです。

それでも、やっているときは集中しているので支障はありません。

Don’t think! Feel !!

効果はさておき、時にはお気に入りの音楽を流しながら筋トレをするのも良いでしょう。

また、音楽は聴かずに虫の音を聞きながらウォーキングを楽しむのも良いでしょう。

「これはしてはいけない」「こうしなければいけない」という縛りを捨て、自由に生活を楽しみたいものです。

ただ、音楽に夢中になりすぎてジョギング中の事故を起こさないようにしましょう。

オススメ記事

私が使用しているヘッドフォン

現在のお気に入りがJAYBIRDのRUNです。

防水、防汗であることが決め手になりました。

わたしはこれをiPhone7に繋いで使用しています。

歪のない中音域は程よくしっかりしており長時間聴いても疲れません。

細かな音質設定ができる専用のappも無料で使えます。

そして、「RUN」は疎水性ナノコーティングが施された防水、防汗仕様です。これならウォーキングやジョギング中の突然の雨でも安心です。

さらに、左右のユニットを繋ぐコードがなく完全bluetoothになっており、運動中に外れることはまずありません。

以前、使用していたLBT-HPC12は左右が繋がったタイプのもので、ときどき外れていましたが、「RUN」では今のところ皆無です。

オススメ記事

4時間の再生時間は十分なもので、トレーニング中に充電切れを起こすことはまずありません。

また、専用ケースで充電するようになっており、これを使えば5分の充電で1時間の使用が可能になります。

これなら、ジムへの移動中に充電切れを起こしても、余裕で充電可能というわけです。

自動車で移動中は専用のケースに入れれば、適度な重さのあるケースのおかげで紛失を防げます。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする