株式会社NIPPYOについて考える

平成21年12月19日に社団法人日本パワーリフティング協会は、ニッピョー製バーベルの公認抹消を正式に発表しました。

ご案内のように、当協会は平成14年度にニッピョー製バ ーベルの公認抹消を決めておりますが、これに伴う経過措置として、平成22年度末 (平成22年3月31日)までは地方大会での使用を認め、この7年の間に、イバンコ製又はウエサカ製のバーベル購入を進めていただくことをお願いしておりました。 いよいよ、この経過措置が平成22年3月31日をもって終了することになりますが、同年4月1日以降は公認大会におけるニッピョー製バーベルの使用ができなくなることについて、去る12月5日に開催された理事会での確認と合意を踏まえて、改めてここにご案内致します。

ニッピョー製バーベルの公認抹消について(H21/12/19)

抜群の品質でかつて国産ブランドとして人気のあったNIPPYO。

どうして倒産をしてしまったのか、気になった私は調べてみました。

オンライン情報でわかったことは次のようなことです。

  • 香川県のメーカー
  • 秤の老舗、錘を製造していた
  • バブル期に事業を拡大
  • 本業以外の分野で失敗し倒産

NIPPYOのプレートは重量精度の確かさでは廉価なプレートとは比べものになりません。

シャフト部分のローレット加工や、以前にも取り上げたことのあるカラーがずれ落ちないための加工には職人技を感じます。
img_2603
いつまでも手元に置いておきたい愛着を感じるツールです。

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする