いつ飲めばいいか知ってる? ケア剤クロミッドの効果的な服用方法

今回はアナボリックステロイドの副作用とケア剤について記します。

クロミッドというケア剤がよく使われますが、クロミッドは服用のし方により効果の出方が左右されるようです。

そこで、効果が出やすいクロミッドの服用方法についてもまとめてみました。
あくまでも個人的な考えです。

あとで思ったことですが、ホルモン系は非常に複雑で「1匹の蝶が中国ではばたけば、カリブでハリケーンが起きる」(バタフライ効果)というカオス然としたところがあり、素人が簡単に説明できるものではないということです。

また、安易にホルモン系のバランスを崩すことはすべきではないということです。
スポンサーリンク

クロミッドとは何か

妊娠率のアップが期待される排卵誘発剤を使った不妊治療で、最もポピュラーな薬がクロミッドです。

そして、クロミッド(成分名:クロミフェン酸)は、ステロイドサイクル後に低下した男性ホルモンの分泌を回復させる目的で使用するケア剤としても使われます。

アナボリック・ステロイドの副作用とケア剤の必要性

男性ホルモンの低下

アナボリックステロイドの使用で、必ず起こる副作用が「男性ホルモンの生成能力の低下」です。

精巣がテストステロン(男性ホルモン)をつくる能力が低下してしまうのです。
その仕組みは次のようになります。

アナボリックステロイドを使用すると、体内の男性ホルモンの濃度が大幅に高まります。

すると、身体は「もう十分すぎるほどホルモンがあるから、新しく生成する必要はない」と判断して生成を減らしてしまうというわけです。

つまり、ステロイドホルモンが増えれば、その影響で自然に生成されるテストステロンの分泌量が低下してしまいます。

私がメダナボルの使用で感じた、副作用がこの男性ホルモンの生成能力の低下でした。

この男性ホルモン生成能力の低下という副作用は、ほぼ確実に起こると考えて間違いありません

一方、ステロイドの体内濃度が低下するにつれ、身体の男性ホルモンの生成能力は自然に回復していきます。

ただ、体内での男性ホルモン生成能力の回復は徐々に行われるので、男性ホルモンレベルは低い状態になります。

男性ホルモンのレベルが低下すると、筋肉が落ちてしまう恐れがあります。

これが「ステロイドの使用を中止すると筋肉が落ちる」「ステロイドで得た筋肉は落ちやすい」といわれているゆえんです。

このことを防ぐために、クロミッドという精巣の機能を高める薬を使い、男性ホルモンの生成能力を早急に回復させるのが一般的です。
スポンサーリンク

肝臓への負担

経口ステロイドの一部は、肝臓へ負担をかけます。

通常、経口でステロイドホルモンを摂取しても、すぐに肝臓でろ過され、無効化されてしまいます。

そこで、経口アナボリックステロイドは、体内に長くとどまれるよう「17αアルキレート」加工がされています。

体内に薬物が長く留まるということは、それだけ肝臓に負担をかけることになります。

肝臓への負担は、長期服用を避けることで回避できます

今回は12週間のステロイド・サイクルに対して、6週間の回復期間を考えています。

女性化乳房の発現

アナボリックステロイドの副作用として「女性化乳房」があります。

これは男性にも関わらず、乳房が女性のように膨らんでしまう症状です。

体内には、「アロマターゼ」という酵素があり、男性ホルモンであるアンドロゲンの一部をエストロゲン(女性ホルモン)に変換します。

ステロイド服用によって、体内に大量の男性ホルモンがあふれると、その大量の男性ホルモンの中のアンドロゲンが「アロマターゼ」によってエストロゲンに変換されてしまいます。

結果、大量のエストロゲンが体内にあふれてしまうわけです。

亜科エストロゲンは細胞を増やしていく働きをしますが、これが時にがん細胞を増やすように作用することがあります。

これが、アナボリック・ステロイドが発癌性を高めると言われていることだと思われます。
しかし、実際にはこの副作用はあまり起きないことが知られています。

もちろん、このことは貴方にとって100%を約束することではありません。

ただ、ノルバデックスという優れたケア剤もありますが、それを使用しなければならないのはレアなケースというわけです。

なお、ノルバデックスは女性化乳房の症状が出て来てから摂取するものです。

症状が出たのであれば、次のサイクルについては同じ薬物は避け、男性化作用の弱いものに変更するべきでしょう。

ショップで購入する

スポンサーリンク

その他の副作用

その他にも、男性型脱毛症の促進、ニキビ、コレステロール値の悪化、心肥大があります。

脱毛については、現在脱毛が進んでいる人は注意する必要があります。

日本人の場合、4人に1人の割合でこの副作用が出る可能性があります。

この割合は頭皮がDHTの影響を受けやすい人の割合です。

DHT(ジヒドロテストステロン)とは、二次性徴をつかさどるホルモンですが、成年後は、男性型脱毛症や前立腺肥大症の原因になるホルモンだということがわかっています。

体内には、5αリダクターゼという酵素があり、テストステロンの一部DHTというホルモンに置換されます。

この副作用は、ステロイドによりDHTが増加することが原因です。

また、摂取期間中に有酸素運動を行うことが心肥大のリスクを高めることが知られています。

特に過度な有酸素運動は顕著な心肥大を引き起こします。

過去にも、有名ランナーや自転車競技の選手が数多く心疾患で死亡していますので、アナボリック・ステロイドと過度な有酸素運動は絶対に組み合わせてはいけません。
スポンサーリンク

クロミッドが必要な理由

クロミッド(成分名:クロミフェン酸)は、ステロイドサイクル後に低下した男性ホルモンの分泌を回復させる目的で使用するケア剤です。

クロミッドは、元々は、女性用の排卵誘発剤として使用されてきました。

ただ、近年の研究で、男性の精巣機能を活発にさせる働きを持つこともわかってきました。

現在では、男性の不妊症の治療薬として処方されることもあるようです。

ステロイドサイクル後には、男性ホルモンの分泌能力が低下するので、クロミッドを使って、早急に男性ホルモンの分泌能力を取り戻さなければなりません。

クロミッドの具体的な飲み方

アナボリックステロイドの摂取サイクルが終了したら、1日あけて、すぐにクロミッドの摂取を開始します。

その後は、1日50mgを3週間摂取します。

さらに3週間、クロミッド抜きで過ごします。

こうすることにより、自然な状態での男性機能の回復を促すことができます。

回復の度合いは精液量等で自己判断が可能です。

一方、前にも述べましたが、クロミッドは男性不妊症の治療薬としても使われています。(この方が一般的かもしれません。)

男性不妊症の治療薬としての効果的な飲み方が参考になります。

たとえば、クロミッドはいつ服用したら良いかということですが、これについてはクロミッドは夜、服用するのが良いようです。

「人間のホルモンの働きは夜に活発になるので、夜に服用したほうが効果がある。朝や昼に飲むと薬が尿や便、汗などと一緒に排泄されてしまうため、発汗や排泄が比較的少ない夜や寝る前の方がよい。」という考え方の先生もいるようです。

クロミッドはホルモンに働きかける薬です。
ホルモンの分泌が盛んな時間帯に飲むことで、効果が高くなるというのは納得できそうですね。
また、朝や昼に飲むことで尿や便、発汗などで排泄されてしまって効果なしという結果になるのも残念です。
特に一日に1錠だけしか飲まない場合は、しっかりと効果が出やすい夜の方がよいということですね。

葉酸は、DNAの正常化、卵子の若返り、精子の数・運動量アップなどの働きが立証されており、実際に葉酸サプリをとることで妊娠する方が多いという報告があります。

葉酸以外にも、CoQ10なども相乗効果が期待できるそうです。

クロミッドの使用は、Aステロイドの服用を完全に止めてから開始するのが効果的でしょう。

また、睾丸機能が回復した後も使い続けると逆に睾丸機能が低下するので、回復したかどうかをよく見極めながら使うことが大切です。

オススメ記事

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする