話題のサプリ「ビルドマッスルHMB」の魅力


最近、「ビルドマッスルHMB」なるサプリの広告をよく目にします。

気になる「ビルドマッスルHMB」は、筋肉増強剤と強壮・強精剤の組み合わせで出来上がっているような印象を受けました。
スポンサーリンク

HMBとは何か

3-ヒドロキシイソ吉草酸 (~きっそうさん、β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸、: 3-Hydroxy 3-MethylButyrate, HMB)が正式名称です。

HMBは必須アミノ酸であるロイシンの代謝中間体のひとつで、1996年にアイオワ州立大学のDr. Steven L. Nissen によりその効能が発見されました。

そして、現在では筋肉量の増大あるいは減少抑制を目的とした研究に用いられたり、ボディビル用サプリメントとしてカルシウム塩などの形で販売されています。

アナボリック・ステロイドさながらのHMB

一日あたりHMBカルシウム塩を3グラム摂取することで

  • タンパク質の異化抑制
  • 筋肉量の増加、筋肉減少の抑制、筋肉の修復、耐久性増加

を助ける可能性があるとされています。

なお、70歳代の老人においても筋肉量の増加や体脂肪減少が実験により確認されています。

また、がん悪液質、糖尿病、エイズ、火傷などいくつかの体重が減少する疾患においてHMBが症状改善につながらないか研究が行われています。

これらの文面だけでは、アナボリック・ステロイドとの見分けがつかない程です。

「ビルドマッスルHMB」の強壮・強精成分がすごい

「ビルドマッスルHMB」にはHMBの他に、燃焼アミノ酸BCAA、回復系アミノ酸グルタミン酸、吸収力アップのバイオペリン(黒胡椒エキス)、筋力増強ブースター フェヌグリーク、トンカットアリ、脂肪燃焼サポート シニュリンPFが含まれています。

かなり効きそうな匂いがプンプンしてきます。

「代謝中間体」、「ブースター」などの言葉が筋肉増強剤であることを匂わせます。

余談ですが、後述する成分の内、トンカットアリを除く残りの3つはいずれもカレーの香辛料として使われており、カレーの凄さを改めて感じました。

バイオペリン(黒胡椒エキス)

バイオペリンは黒コショウから抽出された成分で、アメリカのサビンサ社の登録商標です。

コショウはインド原産の植物の実をすりつぶしたもので、料理のスパイスとして親しまれています。

ぴりっとした刺激と独特の香りがあり、肉料理などによく利用されます。

黒コショウの辛味成分ピペリンには、血管を広げて血液の流れを促す作用があり、冷えや血行が悪い時におすすめです。

血液の流れを良くすることで、代謝をアップさせ、脂肪燃焼にもつながります。

また、バイオペリンの独自の効果として「一緒に飲んだ成分の吸収率を上げる」というものがあります。

バイオペリンと同時に飲んだビタミンB6は吸収率が60%も上がったとも言われ、効果が期待されています。

ビタミンやミネラル、アミノ酸など、栄養素の効果を引き出すサプリメントとしても注目されています。

フェヌグリーク

フェヌグリークはハーブ・香辛料の一種でもある、マメ亜科の一年草植物です。

中国名は「胡廬巴」(húlúbā; フールーパー)です。

こちらは生薬名として日本にも入り、使われました。

日本語で「胡廬巴」を「ころは」と読みます。

胡廬巴はハーブや香辛料としても利用され、カレー粉の原料としても知られます。

胡廬巴は成分としてサポニンや食物繊維を含有しています。

また漢方では、補腎や強壮、強精、健胃に有効とされます。

ヨーロッパでは胃腸障害や口腔病に有用なハーブとして古くから利用されてきました。

また、胡廬巴には、女性ホルモン・プロゲステロンの類似物質ジオスゲニンが含まれており、月経不順や更年期障害、豊胸などにも有効であるとして、近年注目を集めています。

なお、2011年、動物実験によってフェヌグリークが脂肪蓄積抑制や血中コレステロール低下に関与することが報告されています。
460px-illustration_trigonella_foenum-graecum0

トンカットアリ

トンカットアリはマレーシアの現地住民に民間薬用植物として古くから利用されてきましたが、その効果が医科学的にも証明されています。

その秘められたる効果の秘密は「テストステロン」によるものであることが明らかになっています。

トンカットアリの根に含まれる成分がこのテストステロンの分泌を促す事で、精力剤としての効果が期待されます。

さらに、マウスを使った動物実験で次のような効果が明らかになっています。

  • 疲労回復、体力の増強
  • 免疫力の向上
  • 血行の改善
  • 精子数の増加
  • ガンの予防
  • 男性更年期障害の症状緩和
  • 性器萎縮の予防

シニュリンPF

「シニュリンPF」は、シナモンの樹皮より水抽出されたエキスです。
これまでの臨床試験では血糖値や血圧の正常化、インスリン抵抗性に対する改善が示されています。

また、除脂肪体重への作用が報告されています。

注意!! HMBサプリは多く摂ると逆効果

2000年に発表されたHMBの摂取量に関する以下のような研究があります。

筋トレ未経験者を対象に、HMBを摂取しないグループとHMBを1日3g摂取するグループ、HMBを1日6g摂取するグループに分けてウエイトトレーニングをともなった試験を8週間行ないました。

その結果、それぞれのグループの8週間後の筋肉量の平均増減のは以下の通りです。

  • HMBを摂取しないグループ:微増
  • HMBを1日3g摂取するグループ:2キロ増量
  • HMBを1日6g摂取するグループ:減少

3gのHMBを摂取したグループはHMBを摂取していないグループよりも筋肉量が有意に増量しましたが、6gのHMB摂取グループは逆に筋肉量が減少しました。

HMBを摂取する時には1日3gという摂取量を厳守することを忘れてはいけません。

この3gという摂取量は、Vukovichらの8週間にわたる週2回のワークアウトにともなった試験により明らかになったことです。

逆に言えば、8週間は摂取しなければ同等の効果は保証されないということです。

また、ウェイトトレーニング抜きでも同等の効果は保証されないということです。

現時点では、具体的な結果が体感できるサプリが少ないだけに、「ビルドマッスルHMB」に対しても「眉唾」というのが正直なところです。

反面、ロイシンの中間代謝体がどれだけ体に効くのか、これまでに摂取したことがないだけに期待大です。

オススメ記事

ショップで購入する

スポンサーリンク

シェアする