果たして水素水はエセ科学なのか


「水素水よりも、おならの方が多くの水素を含んでいます」という法政大学の左巻健男氏の発言がありました。

かなり前になりますが、私自身コンビニでアルミ入りの水素水を見つけ買ったことがあります。

当時、酸素水をときどき購入していたこともあり、「酸素と水素?」と変な気持ちになったことを思い出します。

酸素はなくてなならないものですが、中には身体を酸化させる厄介なものもあります。

水素に関しては、その悪さをする酸素と結びつき還元する効果が期待され、水素水、アルカリ還元水、水素サプリの形で売られているようです。

水素水やアルカリ電解水とは何なのでしょうか。

また、水素水とアルカリ電解水はどう違うのでしょうか。
スポンサーリンク

水素水批判と科学の進歩を阻害する危険性

分子状水素医学生物学会が日本医科大学先端医学研究所細胞生物学部門の中に設置されています。

そのホームページの中で理事長の太田成男氏は次のように述べています。

2007年に医学誌Nature Medicineに分子状水素(H2)が医学的に応用可能であることを示唆する論文を発表して以来、世界中で分子状水素の医学研究が開始されました。そのなかでも、我が国の研究者から世界をリードする研究が次々発表され、分子状水素には効果的な抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗細胞死作用、エネルギー代謝促進効果があることが明らかにされました。これらの作用が相乗的に効果を発揮し、様々な疾患の治療と予防に応用できるのではないかと期待されています。さらに、分子状水素がこのような多彩な効果を発揮するメカニズムの研究も進展しています。
同時に、まだ研究段階ではありますが、10を超える大学病院で臨床研究が進められており、分子状水素が実際の医療に大いに貢献する可能性が大きくなっています。また、病気の人だけでなく、健常な方々の健康増進という視点からも注目され、美容効果も期待されています。

分子状水素医学生物学会ホームページより

一方、水素水は明治大学科学コミュニケーション研究所が開設しているホームページ「疑似科学とされているものの科学性評定サイト」でも取り上げられています。

当サイトは総評で疑似科学という結論を出し、この件について京大再生研の方から次のような投稿があったことを公開しています。

京大再生研の金宗です。Nature Medicineの2007年の論文から始まった話ですが、確かにその水をどの程度飲めば、何にどれぐらいの効果があるのか数値化するのは困難だと思います。その水素の量、投与法、患部へのターゲット化の問題と考えます。
最近の研究では、徐々に効果が明らかにされてきており、特に中国と米国の組織・臓器移植や循環器等の治療に効果があるというデータが数多く出てきています。抗酸化作用や抗炎症作用が、組織細胞レベルで効果が実証されてきています。炎症というのは、かなり広範囲の疾患でハブ原因になっておりますので、抗炎症作用は様々な疾患に有用です。
注目すべきは、水素がポリエチレン袋を透過して、中に入れてあるメチレンブルーという試薬の青色を消す実験結果です。皮膚や粘膜を透過して、ターゲットに到達することが想定されるからです。
従いまして、現状、疑似科学ではないと考えます。しかし、市販されている水素水の中の残留水素量が問題なので、これを生産・流通企業がこれをよく把握した上での生産・販売体制を整えることがより公益につながると考えます。 (投稿者:金宗 潤,投稿日時:2016/09/28 13:30:01)

この「疑似科学とされているものの科学性評定サイト」というサイトの立場については、明治大学科学コミュニケーション研究所のメンバーの一人である蛭川立氏が自身のホームページ蛭川研究室の中で触れています。

広範囲の現象を扱っている一方で、必ずしも個別分野での専門知識を持っていない少数のスタッフによって書かれているため、不十分な部分が少なくない。このサイトに書かれたことを「明治大学」という大きな組織の見解として、権威づけしたり、批判したりするような議論もあるようだが、そうした誤用は避けるべきである。

蛭川研究室より

実際に次のような記事を載せているサイトもあります。

水素水(もしくは活性水素水)に「エセ科学」性に関しては、明治大学科学コミュニケーション研究所にわかりやすい解説が書かれており、結論は「エセ科学」です。

疑似科学とされるものの科学性評定サイト 活性水素水・(電解還元水)

ちなみに、このサイトは、様々なサプリメントや民間療法をいくつかの面から科学的に評価した結果、「エセ科学」「未科学」「発展途上の科学」などに分類しています。

例えば関節症などに効くサプリメントとして広く服用されているグルコサミンは、経口摂取した場合には一度分解されてしまうため、それがそのまま関節などに届くことなどなく、「エセ科学」と分類されています。

MAG2NEWSより

また、同等の議論は他にもあるようで、山形大学のY.AMO(apj)Labには「正統な科学に基づく水素水をニセ科学と言っては科学の進歩を阻害する」という太田成男氏の反論メールが全文掲載されていました。

「水素水」に対する個人的な考え

気になることは、水素水をめぐるオンライン上の記事が中世の「魔女狩り」然としてきていることです。

確かに、水素水と銘打った飲料の中には怪しいものもかなり含まれています。

非難の矛先はそういう怪しいサプリを強引な方法で売ろうとする一部の業者に向けられるべきです。

非難の矛先は悪意のない業者に向けられるべきではありません。

そして、研究者が自由に研究できる社会的風土を築かなければならないのではないでしょうか。

公式サイトで購入する

スポンサーリンク

シェアする