分解酵素MEOSとは?|酒は強くならない

MEOSとは何か

アルコルールの分解経路

まず飲んだアルコールは、胃や小腸で大部分が吸収され、血液に溶け込んで、肝臓に送られます。

吸収されたアルコールは、肝臓でアルコール脱水素酵素(ADH)の働きにより毒性の高いアセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドはさらにアルデヒド脱水素酵素2型(ALDH2)の働きで酸化され、酢酸に変わります。

肝臓でできた酢酸は、最終的に水と炭酸ガスに分解され、最後には体の外に出ていきます。

肝臓で分解しきれなかったアルコールは、心臓に送られ、ここから脳はもちろん全身へと巡っていき、再び肝臓に戻って分解されます。

こうしてすべてのアルコールが分解されるまで続きます。
スポンサーリンク

ALDH2の活性が上戸、下戸を決める

このアルコールから変換された「アセトアルデヒド」は、強い毒性を持ち頭痛や吐き気をもたらします。

このアセトアルデヒドを分解するALDH2の活性は遺伝的に決まっています。

このALDH2には3つの型があり、酵素の活性が強い人と弱い人、そして活性がまったくない人がいます。

これがお酒を飲める人、飲めない人を決める重要な要因となっています。

飲めない人はALDH2の活性がなく、アルコールを飲めば飲むほどアセトアルデヒドが蓄積し、頭痛や吐き気を起こしてしまうわけです。

日本人の45%にはこのALDH2の活性が弱いか、まったくないと言われています。

ALDH2の活性が弱い人の飲酒には注意が必要です。

急性アルコール中毒を引き起こす可能性が高いからです。

ALDH2の活性が弱ければより重篤な中毒を引き起こします。

アル中治療への利用

一方、この原理を利用したアル中患者の治療法もあります。

ALDH2の活性が無くなる薬を投与し、飲酒=苦痛という感覚を植えつけるものです。

このことは、ALDH2の活性がない人にとって、飲酒がいかに苦痛であるかを示しています。

アル中の人でさえ飲むことを拒むようになるのですから、その苦痛は想像を絶します。

アルコールを分解するもう一つの分解経路

お酒を分解する酵素にはもう一種あることが知られています。

これがMEOS(ミクロゾームエタノール酸化系)です。

通常アルコールをアルデヒドに分解する酵素はADHのみと考えられており、この酵素は個人差もなく、もちろん強くなることもないものです。

したがって、お酒を飲んで強くなると感じるのは、脳や神経系がアルコールに順応して、感覚的に酔わないと感じてくるためだろうなどと、一種の錯覚として考えられていました。

しかし、お酒を飲み続けるとアルコールの分解が早くなるという研究結果が出ました。

この時、アルコールには別の分解経路があることが仮説として挙がり、その時発見されたものがMEOSというわけです。

MEOSとは

MEOSは、肝臓の細胞の中にあるミクロゾームという小さな器官に存在します。

幾つかの酵素が集まっており、薬物を解毒する肝臓の酵素・チトクロームP450の一部もかかわっています。

アルコールは通常、ADH(アルコール脱水素酵素)やALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)の経路を通って解毒されますが、大量に飲むと、それだけでは処理しきれません。

MEOSが活発になるのは危険な徴候です。

MEOSを駆り出さなくてはならないほど大量の飲酒を続けているからです。

肝臓やそのほかの体の障害は、MEOSがはたらく人ほど高度というデータもあります。

お酒を飲むと薬が効かない

お酒は百薬の長といわれますが、量が過ぎれば毒になってしまいます。

良く知られているのは肝臓疾患ですが、そのほかにも、薬の効きを悪くするというマイナスの作用を及ぼすことがあります。

MEOSが分解するのはアルコールだけではありません。

治療や麻酔のために使用された薬や麻酔薬、抗生物質、血圧や糖尿病の薬、睡眠薬なども分解してしまいます。

MEOSとは、本来、薬物を処理する役目の酵素の総称で、その働きの一つにアルコールの分解があるということです。

MEOSが活躍することは危険信号

MEOSが活発になるのは危険な徴候です。

MEOSがアルコール分解酵素として働くのは、ALDH2が限界にきているときです。

つまり、MEOSが活発になっていることはALDH2の働きが限界にきているときです。

実際にMEOSのが働く人ほど、肝臓などの機能障害が現れているという報告もあります。

「飲んでいるうちに酒に強くなった」は勘違いで、実は体のアルコール処理能力は変わっておらず、肝機能が限界に近づいていると考えた方がよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする