電動歯ブラシを激安購入|PHILIPS sonicare HX9303/06

HX9303/06はピンクが買い

今使っている電動歯ブラシのバッテリーの持ちが悪くなったので、近くの家電量販店で電動歯ブラシを物色することにしました。

電動歯ブラシは、歯医者へ定期健診に行った時、歯科衛生士さんがすすめてくれたのが音波タイプの製品でしたので、メーカーは最初からPHILIPと決めていました。

すると、運のいいことに健康器具コーナーでソニケア ダイヤモンドクリーンHX9303/06が1万5千円近く値引きされていたので衝動買いしてしまいました。

店員さんの話では在庫処分のため売れない色(ピンク)が安売りの対象になるということでした。

HX9303/06はピンクが買いです。
スポンサーリンク

sonicare HX9303/06の特徴

ダイヤモンドクリーンの内容、付属品

この箱の中に、次のものが入っていました。

【内容・付属品】
ソニケア歯ブラシ用ハンドル  1本
ダイヤモンドクリーン歯ブラシ 2本
インターケアーブラシセット  1本
充電器台         1台
充電器用グラス       1個
携帯用ブラシヘッドキャップ  3個
USBケーブル        1本
USBアダブタ        1本
トラベルケース       1個

特筆すべきは、充電台がコードレスでコップと一体になっていたこと。

こんな感じで使います。

リチュウム電池なので、いつでも繋ぎっぱなしにしておいても大丈夫なのだそうです。

充電中はこのように付け根にあるランプが黄緑色に光ります。

またトラベルケースもコードレスの充電「台」になっていて、横にUSBの差し込み口があったことも驚きでした。
(パソコンのUSB端子に繋げて使用するようだ。)

ケースに収めたところ。この状態でUSBケーブルを繋げば、充電ができます。

これがUSBの差し込み口。ケースの表面もなかなかオシャレです。

使用した感想

これは店頭でのことですが、電源を入れてみてすぐに感じたのが振動の密さと細かさです。

これまでもPHILIPSの製品を使っていたので、期待感が高まりました。

イージースタート機能の解除を忘れずに

実際に使ってみると、思っていたよりも振動が弱く感じました。

取説を読んでみるとソニケアー未経験者がその振動に慣れるためにイージースタート機能というのが働いていることがわかり、早速電源スイッチの長押しで解除できます。

イージースタートモードでは時間の区切りをビープ音で知らせるカドペーサー機能が働きません。

そもそも、イージースタートモードはソニケア未経験者が慣れるまでの間、使用することを前提にして設けられた昨日です。

ソニケアー未経験者は、私も初めて使った時はそうでしたが、くすぐったさに慣れるまで我慢が必要です。

イージースターとモードではそのくすぐったさが軽減され未経験者には使いやすくなります。

しかし、必要ない場合にはこの機能をoffにする方が、ソニケア本来の性能が引き出せます。

視覚過敏の私にはうれしいガムケアモードなど5つのモード

5つのモードが用意されていて、各モードの切り替えは電源スイッチによって行います。

せっかくの機能なので使いこなしたいです。

【5つのモード】(こんな感じでしょうか?)
1回押す 普段は、歯垢をしっかり落とすクリーンモード
2回押す 月1で、歯の表面のステインを落とす動作の後に磨き上げを行うホワイトモード
3回押す ホワイトモードの後は、月1で、歯を磨き上げ光沢を与えるポリッシュモード
4回押す 視覚過敏が気になる時は、マッサージ機能が特徴のガムケアモード
5回押す ガムケアモードの後は、敏感な歯と歯ぐきをやさしくブラッシングするセンシティブモード
ガムケアモードやセンシティブモードをうまく使えば、定期検診の時に「磨きすぎですよ」と言われなくて済むかも知れせんね。

いい買い物をしました。

スポンサーリンク

シェアする