バーベルスクワットこそ「キング・オブ・エクササイズ」最高のトレーニング

キング・オブ・エクササイズと呼ばれるように、バーベル・スクワットは下半身はもちろん体幹部も鍛えることができます。

下半身(おへそから下)には全身の7割の筋肉が集まっています。

したがって、下半身を鍛えることにより下半身の筋肉量が増加すれば、基礎代謝量の増加により「太りにくい」身体となります。

しかし、トレーニーの中には下半身のトレーニングを避け、もっぱら上半身のトレーニングばかり行っている人もいるようです。

全身の筋肉の7割を鍛えずして理想の身体が手にはいることはありえません。

ウェイトリフティング系のトレーニング方法とボディービル系のトレーニング方法がありますが、ここではボディービル系のトレーニング方法について述べます。
スポンサーリンク

フォームづくりをしっかりと

シャフトの担ぐときは胸を張れ

首の付け根と肩甲骨の間に僧帽筋という筋肉があります。

シャフトはこの僧帽筋にしっかりと重量が乗るように担ぎます。

担ぐ時は胸を張って背中が丸まらないようにかつぐことが怪我を防ぐポイントです。

両足のスタンス

両足の幅は、肩幅よりも少し広めにします。

つま先は少し外側に開きます。

深くしゃがめ

なるべく深くしゃがむことによって、臀部(でんぶ)もふくめ脚全体に負荷がかかります。

臀部を鍛えるとヒップアップ効果が期待できます。

パワーベルトは必需品か?

100kg程度のスクワットであればパワーベルトは必要ありません。

腹圧をしっかりとかけるように意識すれば十分です。

腹圧のかけ方は、まず腹式呼吸で息を吸ってお腹を出します。

次に息を吐き出し腹筋をしめます。

トレーニング動作中は腹筋から力が抜けないよう意識します。

つま先より膝が出るのはダメなのか?

よく、「つま先よりも膝を出すな」という言葉を目にします。

しかし、これは厳密に考える必要はないと考えます。

「出っ尻」をつくって腰を丸めないように、脚の裏を浮かせないように行うことさえ押さえればよいのではと思っています。

スポンサーリンク

シェアする