iPhoneの機種変更の際に注意すべきこと|refillsの不具合への対処方法


iPhoneの2年契約も終わりが近づいてくると、機種変更の検討を始める人が多いと思います。

一見、古いiPhoneを使い続けた方がや出費が少なくなりそうですが、そうとも限らないようです。

機種変更をすることのメリット

以前、Auショップへ行き「2年契約が終わるが、使い続けた方が得なのか、新しいiPhoneに機種変更した方が得なのか」について質問したことがありました。

その時の回答は「キャリアを変えれば、断然お得」「同じキャリアの場合も、安くなるかというと、そうとは限らない」とのことでした。

理由は、「最初の2年間は割引がついているけど、2年を過ぎればその割引も切れてしまうので、大差ない」というものでした。

この一言で、気持ちは機種変更に大きく傾いたわけですが、それ以外にも機種変更によるメリットがわかりました。
スポンサーリンク

ハード面のバージョンアップによるメリット

ハード面のバージョンアップによるメリットは明らかです。

動作が軽くなる

CPUの性能が高くなれば、それだけストレスが無くなります。

また、古い機種でOSのみのバージョンアップによりかえって動作が重くなったということはよく経験することです。

アプリの機能がすべて使える

これは今回初めてわかったことですが、今までも使っていたアプリであるにもかかわらず、機種変更した途端に、今までなかった(気づかなかった?)機能が使えるようになっていたというものです。

Appleケアの保証期間が伸びる

Appleケアの保証期間は最初の2年間だけです。

2年が過ぎれば、もう保証対象外ということで修理も実費での支払いになります。

当然のことですが、機種変更をおこなえばAppleケアの対象になります。

今までと大差のない料金で、このような恩恵を受けられることは、ユーザーにとっては大きなメリットです。

この他にも、機種変更による断捨離効果も期待できそうです。

2年も使っていると、知らず知らのうちにアプリの数も増えてきます。

機種変更は本当に必要なアプリだけを残し、そうでもないアプリを捨てる大チャンスです。

機種変更の際に注意すべきこと

以下、わたしが失敗によって得た教訓です。

バックアップの際のパスワードを忘れるな

わたしの頭が真っ白になったのは、バックアップから復元しようとした時です。

復元のためのパスワードを求められたのです。

わたしが設定しそうなパスワードを手当たり次第に入力しましたが、ダメでした。

バックアップを取るときに、パスワードを設定するかしないかの選択肢もあるようですが、パスワードを設定した場合には、絶対に忘れてはいけません。

アプリ版JAF会員証ではJAFへの機種変更届けをアプリ上で

何とか前と同じような環境をと、記憶を頼りにアプリをインストールしていた時のことです。

JAFに入っていてアプリ版のJAF会員証をインストールしていたのですが、会員カードがありません。

Webで調べてみると、再発行手続きが必要とのこと。

当然、費用もかかります。

しょうがないなとあきらめかけていた時、会員証を発見。

アプリに会員番号を入力し終わった次の瞬間、またしても問題発生です。

「前のiPhoneでも登録があって、機種変更の手続きが終わっていないのでできない」というメッセージが出たのです。

最終的にはJAFに電話をかけ事なきを得ましたが、その時になってあわてないためにも覚えておきましょう。

機種変更により日本語入力のユーザー辞書が消えてしまう

オンライン上では「OS10へのバージョンアップでユーザー辞書が消える」という情報が多数見られます。

私の場合は、前の機種でOSを最新のものにしていましたが、ユーザー辞書が消えてしまいました。

この事に関して、次のような記述を見つけましたが、リセットが不安だった私は、最初から入力し直しました。

ユーザー辞書のデータが多い人は、機種変更をする前にユーザー辞書のバルクアップも取っておく必要がありそうです。

設定>一般>リセット>すべての設定をリセット」を行うことで、他の設定も消えてしまいますが、ユーザー辞書の設定も戻ってくる、というものです。どうして「リセット」なのに、ユーザー設定が復活するのか、それははっきりしないのですが、これが対策手順として利用されています。
ただし、ホーム画像などの他の設定もあわせてリセットされるので、元に戻す必要があります。

動作が不安定になるアプリがある

機種変更をすれば、動作が不安定になるアプリが出ます。

これがよく使うアプリだとショックは大きいです。

私の場合には、10年近くrefillsというスケジュール管理アプリを使ってきました。

機種変更により、このアプリがすぐに落ちるようになりました。

現在、メーカーに問い合わせ中です。

前の機種でもOSは最新のものにアップデートしていたはずですが、このようなことになってしまいました。

最終的には、Gmailのカレンダーの同期とタスクの同期をoffにすることで解決しました。

(追記)refills担当者からの回答

refills担当者の方からの回答がありましたので、公開します。

ありがとうございました。

「カレンダー」の設定に問題があるのは確かなようです。

iPhone7に機種変更したあとの症状

利用中の機種名 iPhone7
利用中のOS iOS
iOSのバージョン 10.2
利用中のRefillsバージョン 3.10.6

問い合わせ内容
ここ10年近く、 スケジュール管理はすべてrefillsでやっています。 とても使いやすく気に入っていたのですが、 iPhoneをiPhone6から7へ機種変更してから、 すぐに落ちてしまい使えなくなりました。 対処の仕方を教えてください。

refills担当者からの回答(全文)

この度はお問い合わせ頂き誠にありがとうございます。
富士ソフトRefills担当です。
ご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。

予定に破損データがあるかも

アプリが落ちてしまうとのことですが、アプリ内でGoogleアカウントにログインをしてGoogleカレンダーと同期をされているでしょうか。
アプリの再インストールをしても改善されない場合は、同期を行っている予定に破損データがある。
もしくは、タスクが原因で不定な動作が発生している恐れがございます。

Refills 自体はお客様の予定のデータを直接管理しておらず、実際のデータは
iOS標準の「カレンダー」アプリが保持しております。
(「カレンダー」アプリを起動して予定が反映されている事をご確認ください)
そのため、アプリを一旦削除した場合においても、お客様の貴重なデータが失われる事はございませんのでご安心ください。

※※タスク機能にてローカルタスクをご利用になっている際にはローカルタスクはアプリ内の独自データとなっておりアプリの削除時にデータも削除されてしまいますのでご注意ください。

また、iOS標準カレンダーではなく、Google カレンダーをご利用になっている場合には、アプリの再インストール後に再度同じ Google アカウントにログインして頂ければ、Google のサーバー上に保存されている現在の最新データが再びダウンロードされます。

予定の破損が原因のケース

Google カレンダー上の繰り返し予定の中に破損したデータが存在する場合に、Refillsが同期時に予期しない動作をするケースが稀に報告されています。
もし、最近登録や編集を行ったデータの中でお心当たりのものがありましたら、該当する繰り返し予定を全て削除し、Google カレンダーまたは Refills から同じ内容の予定を登録しなおすだけで直ちに解消する事ができますのでお試し頂けますと幸いです。

原因となっている予定が分からない場合には、以下の手順で Google カレンダー内の全ての予定を一旦 ics ファイルとしてエクスポートした後、初期化したカレンダーにインポートしなおす事で、破損したデータを修復する事ができます。

◇ Googleカレンダーのエクスポート/インポート
(1) Google カレンダーをMac/PC上のブラウザで開く

■カレンダーのエクスポート
(2) 左側の「マイ カレンダー」の右にある「▼」→「設定」をクリックして、「カレンダー設定」画面へ移る
(3) 「カレンダーをエクスポート」をクリックして、任意のフォルダにzipファイルをダウンロードするGoogleカレンダーのバックアップファイルのため、大切に保管してください。
(4) zipファイルを解凍する
各カレンダーのicsファイルが作成されます。

■新規カレンダー(確認用のカレンダー)の作成
(5) 「マイ カレンダー」の右にある「▼」→「新しいカレンダーの作成」をクリックして、任意の名前を付けて、カレンダーを作成する
※ここでは “バックアップカレンダー(仮称)” という名前と仮定します。
(6) 「マイ カレンダー」の右にある「▼」→「設定」をクリックして”バックアップカレンダー” ができていることを確認する
(7) 「マイ カレンダー」の右にある「▼」→「設定」をクリックして、「カレンダー設定」画面へ移る
「カレンダーをインポート」をクリックする
(8) ファイルを選択で、上記(4)で解凍したicsファイルを選択し、インポートするカレンダーとして “バックアップカレンダー” を選択する
※ここで間違ったカレンダーを選択しないようにご注意ください。
(9) 「インポート」ボタンをクリックして “バックアップカレンダー”へ読み込む

■新規カレンダーの同期確認
(10)「マイ カレンダー」の”バックアップカレンダー”の「▼」を選択し、「このカレンダーのみを表示」を選択し、予定の内容が問題なくインポートされていることを確認する
(11)Refillsの設定画面の「表示するGoogleカレンダーを表示」>「同期を開始」をタップする
(12)Refillsの設定画面の「表示するGoogleカレンダーを表示」>「バックアップカレンダー(仮称)」のみを”オン”にして内容に問題ないことを確認する
(13)”バックアップカレンダー”の内容に問題なければ、確認作業の完了後、”バックアップカレンダー”を削除してください。

■既存カレンダーのリセット
(14) 「マイ カレンダー」の▼内の「設定」からカレンダー設定画面へ移る
(15) 該当のカレンダー設定画面にて、カレンダーを削除:このカレンダーの予定を全て削除
(16) 警告ダイアログが出るので、この場合は「はい、カレンダーのすべての予定を削除します。」チェックをいれて「削除」する
(17) カレンダーが削除されていれば、再度カレンダーを作成するメインカレンダーの場合、予定のみ削除され、カレンダーは削除されません。
(18) 作成したカレンダーに対して手順(7)-(9)を行い、カレンダーに予定をインポートする
(19) Refillsで「同期をリセット」を同期する
※Googleカレンダーで問題のあるカレンダーが複数存在する場合には、(5)以下をカレンダー毎に作業を実施してください。

タスクが原因のケース

Google タスク側の仕様上の制限により、外部アプリからは20個を超えるタスクリストは取得する事はできず、それを超えた場合の動作は不定となる場合がございます。
この問題はアプリ側では回避が難しい種類の問題となっており、ご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。
上記が原因である場合には、Google タスク上でご利用になっているタスクリストの数を20リスト以下に減らす事で改善する事ができます。

また、ご利用中のデバイス内に数百〜数千の大量の完了済みタスク(リマインダー)が存在する事が原因で、そのようなパフォーマンス低下が発生するケースが稀にございます。その際には、完了済みの不要なタスクを削除して頂くだけで改善致しますので、完了済みタスクは削除していただくようお願い致します。

Refills ではタスクリスト毎に完了済みのタスクを一括して削除する機能が備わっております。操作方法などにつきましては、下記のヘルプページをご参照ください。

Refillsチュートリアル:
タスク画面の使い方>その他知っているとさらに便利な機能>完了済みタスクの一括削除

なお、アプリが開けず操作ができない場合はWebのGoogleカレンダーのGoogleタスクのそれぞれのタスクリストにて完了済みタスクの削除を行ってください。

Google ToDoリストヘルプ

You can use Google products, like Gmail or Calendar, in the same window on your computer. This way, you can keep track of important info without switching betwe...

ご迷惑をおかけしている事を重ねてお詫び申し上げます。
お手数をおかけしますが、ご確認の程宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする