速報・入手可能なアナボリックステロイドとその特徴(2017/4)

以前、オンラインで購入できるものとしてオキシポロン、メダナボル、アナバーの3種類を紹介しました。

2017年1月14日現在では確かにその3種類でしたが、今日ふと調べてみると、9種類のステロイド剤が出回っていました。

かなり状況が変わってきているので、ほぼ同タイトルで追加記事としてアップしました。

オススメ記事

ハロフルオックス5mg(フルオキシメステロン)

スポンサーリンク


経口のたんぱく同化ステロイド薬です。

有効成分のフルオキシメステロンを含有しています。

男性ホルモンを補うことで、男子性腺機能不全を治療します。

また、造精機能障害による男子不妊症や男子更年期症の治療にも使用することがあります。

フルオキシメステロンの男性ホルモン作用は強く、ラットを用いた試験では貯精嚢の重量を増加させ、その強さはメチルテストステロンの7.5~9.5倍です。

ショップで購入する

スポンサーリンク

ショップで購入する

スポンサーリンク

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

スポンサーリンク


オキシポロンは、経口のたんぱく同化ステロイド薬です。有効成分のオキシメトロンを含有しています。

オキシポロンに含有されている有効成分のオキシメトロンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。

たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。

また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。

ショップで購入する

スポンサーリンク

メダナボル10mg(メタンジエノン)

メダナボルは、経口のたんぱく同化ステロイド薬です。有効成分のメタンジエノンを含有しています。

メダナボルに含有されている有効成分のメタンジエノンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。

たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。

また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。

ショップで購入する

スポンサーリンク

オススメ記事

アナドリン10mg(オキサンドロロン)

アナドリンは、経口のたんぱく同化薬です。有効成分のオキサンドロロンを含有しています。

アナドリンに含有されている有効成分のオキサンドロロンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。

たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。

また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。

ショップで購入する

スポンサーリンク

ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

ウィンゾロンは、経口のたんぱく同化薬です。有効成分のスタノゾロールを含有しています。

有効成分スタノゾロールは、特に減量中の筋肉維持に効果的といわれています。

ウィンゾロンに含有されている有効成分のスタノゾロールは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。

たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。

また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スピロテロール40mcg

スピロテロールは、気管支拡張薬です。

日本国内で承認されているスピロペント錠と同一有効成分であるクレンブテロール塩酸塩を含有しています。

スピロテロールは、気管支喘息の治療のほか、筋肉増強の目的でも用いられます。

気管支を拡げて酸素を多く吸い込むことで、パフォーマンスの向上を促す効果があるとされています。

ショップで購入する

スポンサーリンク

オススメ記事