男性ホルモン剤ハロフルオックスの特徴と使用法について

ハロフルオックスは有効成分フルオキシメステロンを含有する経口のタンパク同化ステロイド薬です。

男性ホルモンを補うことで、男子性腺機能不全の治療などに用います。

また、筋肉増強目的でも使用されます。

ハロフルオックスに含有されているフルオキシメステロンの男性ホルモン作用は強く、ラットを用いた試験では貯精嚢の重量を増加させ、その強さはメチルテストステロンの7.5~9.5倍です。

ハロフルオックスの作用

スポンサーリンク
男性ホルモンとして作用します。

したがって、男性ホルモンの不足による男性としての心身の異常(男子性腺機能不全)に用いられます。

そのほか、造精機能障害による男子不妊症や男子更年期症などにも用いられるでしょう。

ハロフルオックスの特徴

男性ホルモンとして作用する代表的な男性ホルモン薬(アンドロゲン)です。

ただし、男性ホルモン薬の飲み薬はあまり処方されません。

一般的には、持続性の注射薬を用います。

ハロフルオックスを服用する際に注意すべきこと

ハロフルオックスはサプリメントではなく、薬物です。

したがって、多くの薬物がそうであるようにハロフルオックスが毒となることに注意をしなければなりません。

禁忌

前立腺がんのある人は使用できません。

肝臓の悪い人も控えます。

そのほか、前立腺肥大、腎臓病、心臓病、糖尿病などのある人は慎重に用います。

飲み合わせ・食べ合わせ

抗凝血薬のワルファリンの作用を増強することがあります。

ワルファリンは脳卒中や心筋梗塞の治療に用いられます。

定期的な検査のすすめ

定期的に決められた検査を受け、効果や副作用をチェックするようにしましょう。

血液や尿検査のほか、前立腺の検査も必要です。

ハロフルオックスの効能

男子性腺機能不全(類宦官症)の治療薬として用いられます。

ハロフルオックスの用法

フルオキシメステロンとして通常成人1日2~5mgを1~2回に分割経口服用。なお、症状により適宜増減する。

ハロフルオックスの副作用

ときに、持続性勃起や陰茎肥大がみられます。

逆に、長期大量使用では、かえって睾丸が萎縮し、精液や精子が減少してしまうおそれがあります。

そのほか、検査で多くみられるのは、肝機能値の異常です。

また、もともと心臓や腎臓の悪い人は、むくみや体重増加とともに、その病状を悪化させるおそれがあります。

息切れや動悸など、いつもと違う体の異常に気づいたら、早めに受診してください。

持続性勃起、陰茎肥大、睾丸萎縮、精液・精子減少
吐き気、吐く、食欲不振
肝機能値の異常、黄疸
発疹、むくみ、体重増加、脱毛、多幸症状

オススメ記事

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. まっちゃん より:

    初めまして。
    本件の内容を見て質問がございます。

    他のサイトに用法で1日に5〜20mgと書いてありましたが、
    10mg以上を1日に摂取すると危険ですか?
    本サイトでは1日2~5mgとあったので気になりました。
    あと、服用時は分けた方が良いですか?
    何時間おきがいいとかあったら教えて頂きたいです。

    お返事お待ちしています。

    • SENOA より:

      初めまして。
      わたしの考えは以下の通りです。
      1) 「10mg以上を1日に摂取すると危険ですか?」
      「1日2〜5mgを1〜2回に分けて」ということですので、1日の総服用量は2〜10mgということになります。これが通常の摂取量です。これを基準に「適宜増減する」ということなので、1日に5〜20mgを筋量アップのために使用することはアリだと思います。
      2) 「服用時は分けた方が良いですか?」
      ハロフルオックスの主成分であるフルオキシメステロンの血中半減期は9.6時間と大変長いのが特徴です。それだけ長い時間、体内にとどまるということです。したがって、服用時は分けるのではなく1日1回とするのが一般的と思います。
      以上です。お問い合わせ、ありがとうございました。

      追)
      服用回数について補足します。
      フルオキシメステロンの半減期は9.6時間です。この場合、9:00に1回目、17:00に2回目というように8時間間隔で1日2回服用することも考えられなくはありません。しかし、上の回答でそのようにしなかったのは肝臓への負担をできるだけ減らしたかったからです。効きの長いものはそれだけ肝臓への負担が大きくなります。ハロフルオックス使用時に、一番気をつけなければいけないのは肝臓への負担と判断しています。
      まっちゃん様のご質問により、不足していた情報を回答の形で補うことができました。ありがとうございました。