そのシビレ老化の前兆かも?|加齢とシビレ


60代に突入してから、しびれやすくなった気がします。しはらく座り込んでから、立ち上がるときは膝に手を当て「ドッコイショ」です。正座をしたときにしびれる、あの感じです。関節周りを中心にジンジンします。
これでもたまにはバーベルスクワットや公営ジムでのレッグプレスなどもするわけですが、あまり効果を感じません。
なぜ、このようなことになるのか、加齢とどんな関係があるのか調べてみました。
スポンサーリンク

しびれに対する構え

一口に「しびれ」といってもその原因はいろいろあるようです。オンライン上には「脳腫瘍、脳出血、腰椎ヘルニアもしびれの原因になる、しびれは何かの病気のサインかもしれない」というような情報があふれています。しかし、今すぐに病院へ行く必要もないと考えます。違和感があったり、しびれが長引く場合は病院へ行った方がよいかもしれません。
しかし、ここでは正座をしたときにみられるようなしびれについて考えてみたいと思います。どうして、しびれがおきるのでしょうか。また、そういったしびれは加齢と関係があるのでしょうか。

正座のときのしびれの原因

正座をすると足に体重がかかります。そうすると、血管を圧迫するので十分な酸素が末梢神経に行き渡らなくなります。さらに、正座は末梢神経自体も圧迫します。つまり、正座をしたときのしびれはこうした末梢神経の異常を知らせる反応なのです。。
このことから、足以外の例えば腰のしびれなども末梢神経の圧迫や血行不良により生じることがわかります。

加齢と共にしびれやすくなる理由

加齢とともに毛細血管は減少します。そして、このことが血流不足をおこします。
2008年に発表されたベルギーのリエージュ大学病院の研究によれば、60歳以上の人の毛細血管の数は、20歳代の人よりも、なんと40%も減少していることが明らかになったそうです。
太い血管は全血管の長さの1%にも満たず、なんと99%は毛細血管で占められています。つまり、99%を占める毛細血管が40%も減少するということは全身の血管の半分近くが失われるということになります。
毛細血管が減少すれば、血液循環が著しく滞り、全身の細胞が衰えて老化が急速に進んでしまいます。
加齢と共にしびれやすくなる理由は、毛細血管の減少により末梢神経が酸素不足になりやすくなっているからといえそうです。
また、血流が悪くなれば膀胱が硬くなってしまい、頻尿や尿もれを起こしやすくなるとも言われています。

シナモンを摂って毛細血管をケアしよう


実は、継続した筋トレや有酸素運動により加齢と共に減少する毛細血管を、年齢には関係なく増やすことができます。
一方、血流をよくする食材もあるようです。シナモンが血管若返りの食材として効果が注目されています。シナモンは、漢方薬として血流改善に使われています。少しの量でも効果が期待できるので、シナモンパウダーを常備してシナモントーストや飲み物にプラスして摂取するとよいと思います。

毛細血管の強化にぴったりのサプリはこれだ

Swansonのフルスペクトラム・シナモン・フェヌグリーク&ギムネマは、身体の代謝機能を向上させ、血糖値のバランスをサポートします。ダイエットや生活習慣病の予防に期待されているサプリメントです。

シナモン、フェヌグリーク、ギムネマといった注目されているハーブを配合した総合ハーブサプリメントです。シナモンは古来よりスパイスとして使われてきたハーブで、和名をニッキといい日本でも昔から親しまれています。最近では血糖値を抑える働きなど優れた働きを持つことが分かり、生活習慣病の対策に有効であるとしてにわかに注目を集めています。

フェヌグリークはコロハとも呼ばれているアジアや地中海を中心に自生するハーブで、食物繊維を豊富に含み、糖分の代謝をサポートします。含まれているサポニンが免疫機能を向上するといわれていて、生活習慣病やダイエットなどで注目を集めているハーブです。また、フェヌグリークは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンに似たジオスゲニンを多く含有し、バストアップの効果でも知られている成分です。

ギムネマは噛むと甘さをまったく感じなくなるということで、糖分吸収を防ぐ奇跡のダイエットハーブと呼ばれており、メディアでも話題になりました。インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」では糖尿病の治療薬として使われてきたハーブで、糖分の吸収を防ぎ血糖値の上昇を抑制する働きが期待されています。

糖分の吸収を抑え、代謝機能の改善や血糖値のバランスをサポートする、Swansonフルスペクトラム・シナモン・フェヌグリーク&ギムネマは、現代人の健康において重要なダイエットや生活習慣病の予防にきっちり合わせてデザインされたハーブサプリメントです。バストアップの効果なども期待できます。

【効果効能】
・代謝機能の向上
・毛細血管を強化
・免疫力を向上
・糖分の吸収を抑制
・血糖値のバランスをサポート
・バストアップ

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨服用期間として3ヶ月以上の継続服用を推奨しております。

栄養補助食品として、1日1カプセル1~2回を水と食事と一緒に服用ください。

ショップで購入

オススメ記事