アンチエイジングに驚きのシナモン効果がすごい


シナモンといえばニッキや肉桂(にっけい)の呼び名でも知られていますが、健康食品としても摂取による効果が注目されています。

シナモンの17の効果

スポンサーリンク


一般に知られている効果に次のものがあります。驚くことに、その数は17もあります。

  1. 血行不良改善
  2. 冷え、冷え性、むくみの改善
  3. 毛細血管の老化防止や修復
  4. シミ、シワ、たるみの予防・改善
  5. ハゲ、抜け毛の予防・改善
  6. ダイエット効果
  7. 中性脂肪、コレステロール値を下げる
  8. 高血圧の改善
  9. 血栓予防
  10. 血糖値の正常化
  11. インスリンの感受性の活性化
  12. 風邪の予防や改善
  13. すぐれた抗酸化作用とがんの予防
  14. 感染症の抑制と損傷した組織の修復
  15. 関節炎や痛風の症状の改善
  16. 脳内タンパク質の異常沈着を抑えアルツハイマー病の予防
  17. 口内の細菌繁殖の抑制と口臭の予防

東洋医学漢方でのシナモンの扱い


このように多くの効果が知られていますが、漢方でのシナモンの扱いに目を向ければ、その効果が確かなものであることが理解できます。

漢方薬としてのシナモン

中国南部やインドシナ半島に自生し、栽培されているクスノキ科の常緑高木ケイ(Cinnamomum cassia)の樹皮を肉桂といい、若枝は桂枝といいます。ケイの別名はシナ肉桂やトンキン肉桂です。学名をシナモム・カシアといい、英語ではカシアと呼ばれています。一般に欧米でシナモンといえば、主にセイロン肉桂のことを指します。

樹皮のうち、おもに樹齢10年以上のケイから採取したものが肉桂として用いられる。その外皮を去ったものを挂心という。現在、日本薬局方では桂枝としてのみ規定しているため、桂枝と肉桂の区別がされていない。

日本に流通している桂皮の多くは広南桂皮と呼ばれるもので、老木の枝や樹齢6~7年の比較的若くて薄い樹皮です。中国では特に樹齢30年以上の樹皮が肉桂として尊ばれています。一方、日本産の肉桂とは、日本の暖地で栽培されているクスノキ科の常緑高木ニッケイ(C.sieboldii)の根皮で、かつて京都の八つ橋やニッキなどの菓子の原料や香料として用いられていましたが、薬用としては用いられていません。

ケイの樹皮には芳香性の精油成分であるケイアルデヒドが含まれ、それには血行促進、鎮静・鎮痙、解熱、抗菌、利尿作用などがあるとされています。漢方では補陽・温裏・止痛・温通などの効能があり、体や手足の冷え、衰弱、腹痛、下痢、無月経、のぼせなどに用いられています。また、肉桂には「血脈を疎通する」とか「百薬を宣導する」という言葉があり、これは肉桂の血行促進作用を表したものと考えられています。

シナモンの香り成分クマリンの過剰摂取に注意

ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR:Bundesinstitut fur Risikobewertung)によりシナモンの過剰摂取による健康被害について注意喚起がなされています。
シナモンの原料植物には、大きく分けるとセイロンシナモンとカシアという2種類があるということは、あまり知られていないのではないでしょうか。シナモンといえばその香りが特徴的ですが、セイロンシナモン、カシアのどちらとも樹皮が香辛料として利用され、セイロンシナモンの方が上品な香りで高級とされています。

近年、シナモンの香り成分の1つであるクマリンという物質を過剰に摂取することにより、肝障害が誘発されることがわかってきました。クマリンは、セイロンシナモンよりもカシアに多く含まれる成分です。
ドイツでは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)が、耐容一日摂取量(人が一生涯にわたり摂取しても健康への影響上問題ないとされる一日当たりの摂取量)を、体重1キログラム当たり0.1ミリグラムに定め、注意喚起をしました。

▶︎食品衛生の窓(東京都福祉保健局)

アンチエイジングにおすすめのサプリはこれだ


Swansonのフルスペクトラム・シナモン・フェヌグリーク&ギムネマは、身体の代謝機能を向上させ、血糖値のバランスをサポートします。ダイエットや生活習慣病の予防に期待されているサプリメントです。

シナモン、フェヌグリーク、ギムネマといった注目されているハーブを配合した総合ハーブサプリメントです。シナモンは古来よりスパイスとして使われてきたハーブで、和名をニッキといい日本でも昔から親しまれています。最近では血糖値を抑える働きなど優れた働きを持つことが分かり、生活習慣病の対策に有効であるとしてにわかに注目を集めています。

フェヌグリークはコロハとも呼ばれているアジアや地中海を中心に自生するハーブで、食物繊維を豊富に含み、糖分の代謝をサポートします。含まれているサポニンが免疫機能を向上するといわれていて、生活習慣病やダイエットなどで注目を集めているハーブです。また、フェヌグリークは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンに似たジオスゲニンを多く含有し、バストアップの効果でも知られている成分です。

ギムネマは噛むと甘さをまったく感じなくなるということで、糖分吸収を防ぐ奇跡のダイエットハーブと呼ばれており、メディアでも話題になりました。インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」では糖尿病の治療薬として使われてきたハーブで、糖分の吸収を防ぎ血糖値の上昇を抑制する働きが期待されています。

糖分の吸収を抑え、代謝機能の改善や血糖値のバランスをサポートする、Swansonフルスペクトラム・シナモン・フェヌグリーク&ギムネマは、現代人の健康において重要なダイエットや生活習慣病の予防にきっちり合わせてデザインされたハーブサプリメントです。バストアップの効果なども期待できます。

【効果効能】
・代謝機能の向上
・毛細血管を強化
・免疫力を向上
・糖分の吸収を抑制
・血糖値のバランスをサポート
・バストアップ

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
※メーカー推奨服用期間として3ヶ月以上の継続服用を推奨しております。

栄養補助食品として、1日1カプセル1~2回を水と食事と一緒に服用ください。

ショップで購入

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする