トレーニーが注目すべきフェヌグリークの効果


フェヌグリークって、あまり聞きなれない人も少なくないと思います。実はこれ、古くから香辛料として用いられてきたものですが、市販の滋養強壮薬に用いられるほどの効果をもっています。

古くから栽培されてきたフェヌグリーク

スポンサーリンク


フェヌは馬草、グリークはギリシャを意味します。フェヌグリークはもともと「ギリシャの馬草」と呼ばれていたマメ科の植物です。スパイスとしては「メッチ(シード)」「メティー(シード)」の名で呼ばれています。一方、漢方でも古くからその効果が注目され、中国名は「胡廬巴」(ころは)と呼ばれています。 生薬の胡廬巴はフェヌグリークのことです。
フェヌグリークは地中海地方原産で、古くから中近東、アフリカ、インドで栽培されてきました。古代エジプトの墳墓から発見されており、またインドでも古くから用いられてきた記録があります。日本へは江戸時代に伝来したといわれています。

フェヌグリークの特徴

枝分かれしながら60cmほどにまで成長し、黄色か白い花を咲かせた後に細長い形をした実をつけます。その種は、メープルシロップ様の香りと若干の苦味をもっています。種を挽いて炒めると焦げた砂糖やメープルシロップの様な香りが出ます。また、そのことから合成メープルシロップの香料として使われることもあります。

フェヌグリークの効果

漢方では腎陽を温め、寒湿を去る効能があるとされており、インポテンツや遣精、冷えによって生じる下腹部痛や下肢痛、月経痛などに用いられています。また、腎虚によって生じる痰の絡む卒中や喘息、気の上衝、腹痛などの症状に附子・補骨脂などと配合したものを黒錫丹といいます。市販されている滋養強壮薬に配合されているものではナンパオがあります。近年、母乳の出をよくしたり、豊胸や更年期障害の予防などへの効果も期待されています。

筋肉増強と疲労回復にフェヌグリーク配合テストステロンブースター

スタッカー2-Dテストステロールは、男性ホルモンであるテストステロンを増加へと導く成分がふくまれた、運動時の筋肉増強と疲労回復を同時にケアするサプリメントです。

スタッカー2-Dテストステロールに配合されているD-アスパラギン酸は、筋力および筋肉サイズ、性的欲求の向上に貢献するテストステロンの生成を導くアミノ酸です。筋肉・筋力増強および精力アップの目的で古くから欧米で利用されてきた天然ハーブであるトリビュラス、性的な健康サポート、筋力強化、健康なテストステロンレベルの維持の作用があるとされるフェヌグリークも配合されています。

テストステロンは過剰に分泌されると、女性化や薄毛の原因といわれているエストロゲンやジヒドロテストステロン(DHT)に変換される場合があります。スタッカー2-Dテストステロールはこれを防ぐために、βシトステロールやレスベラトロールなどの成分も配合しています。これらの成分はポリフェノール化合物を含有しており、ワークアウト後の筋肉痛や炎症をケアする作用もあります。

スタッカー2-Dテストステロールは、テストステロンの分泌を強化して、精力アップおよび疲労回復、ワークアウトの効果を高めての筋肉・筋力増強へと導くサプリメントです。

ショップで購入

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする