アナボリックステロイドのジェネリックをまとめてみた


アナドリンはオキサンドロロンを配合したアナボリックステロイドです。

手術後や慢性感染症の補助療法、骨粗鬆症の治療に用います。

また、タンパク質の合成を促す効果により、筋肉を増やし作用があるため、筋肉増強剤としても用いられています。

筋肉増強は現代人のテーマです

スマートな体系がいい!筋肉があったほうが格好いい!ずっとそんなコンプレックスに悩まされていませんか。

脂肪がつきにくくパッと筋肉増強できる人にはまったく問題ないのでしょうけど、そうでない人にとっては人生における大きな壁となっているはずです。

筋肉増強のために、それこそいろいろ試してきてはいるものの結果がなかなか得られない人にとって、アナボリックステロイドは試してみる価値があるかもしれません。

最後の可能性「アナボリックステロイド」

「アナボリックステロイド」とは何でしょうか?
—————————————————-
アナボリックステロイドは筋肉組織などの器官たんぱく質合成や、赤血球数を増やしたんぱく同化を促進します。

したがって、貧血の改善やカルシウムの排泄を減らす働きがあるほか、筋肉増強剤として使用されています。

オススメ記事

筋肉増強剤という名に抵抗がある人は、非ステロイド系の筋力アップ系商品「ファーミアマッスル」や「アナバー」(同名のアナボリックステロイドもあります)といったサプリメントで様子をみてもよいかもしれません。

しかしながら、やっぱりアナボリックステロイドが筋肉増強には一番であることは間違いありません。

基本的に、アナボリックステロイドは医薬品です。

したがって、用法を間違わなければそれなりの効果を得ることができます。

しかし、間違った用法は当然ながら副作用という危険を伴います。

一方、適切な容量であれば副作用はそれほど心配しなくてもよいですし、それをサポートするケア剤(クロミッドなど)をしっかり併用すれば、それほど大きな弊害はありません。

オススメ記事

また、商品については、先発品ではなく同成分の後発品が良いという話もあります。

そこで、最新のラインナップについて追記しておきます。

現在入手可能なAステロイドのジェネリック

●オキシポロン(先発品アナドロール)
配合成分は「オキシメトロン」、副作用の女性化が少なく男性におすすめです。

オススメ記事

●メダナボル(先発品ダイアナボル)
配合成分は「メタンジエノン」、副作用が軽いので世界で最も人気があり多くの方に愛用されています。

オススメ記事

アナドリン(先発品アナバー)
配合成分は「オキサンドロロン」、副作用の危険性が低く、初心者や女性の方におすすめです

●ウィンゾロン(先発品ウインストロル)
配合成分は「スタノゾロール」、アンドロゲン(男性化)作用が少なく女性の方に向いています。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする