筋肉増強を目指すならアルギニンを無視できない理由

アルギニンはシトルリンから体内で作られるアミノ酸です。

したがって、非必須アミノ酸ということになっていますが、外傷などのストレス時には体内での需要が増加し、通常の供給量では不足し枯渇しやすくなるといわれています。

そのため、このような状況下では外部からの供給が必須となるため、条件付き必須アミノ酸ともいわれています。

そして、アルギニンは数あるアミノ酸の中でも生命活動に関わる重要なアミノ酸として注目されています。

アルギニンの働き

外傷・褥瘡・感染などの場合には、枯渇しやすくなるため充分な補給が必要です。

アルギニンは免疫反応の活性化、細胞増殖を促進し、コラーゲン生成促進の効果などにより、創傷や褥瘡の治癒で用いられています。

アルギニンは確実に成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモン分泌不全性低身長症等の診断では、成長ホルモン分泌刺激試験などの精密検査が行われます。

この試験では、成長ホルモンの分泌を促す薬を投与し、その後2時間にわたり何度か採血し、血中の成長ホルモンレベルを調べるという方法で行われています。

そして、この試験で用いられている薬の一つにアルギニンがあります。(アルギニンは点滴によって投与されます。)

このことは、アルギニンが確実に成長ホルモンの分泌を促すということを示しています。

NOの産出とアルギニン

私たちの身体の中では、酵素の働きによってアルギニンと酸素からNOが合成されます。

NOには血管を拡げ、血流を促進する働きがあります。

さらに、NOは動脈硬化の抑制や免疫力の向上といった生理的効果を示します。

その元になっているのがアルギニンというわけです。

オススメ記事

アルギニン&オルニチン

アルギニンはNO生成サークルの中で重要な働きをします。

NOの発生により、血流が促進されパンプ感が増します。

また、激しい運動をすると有害なアンモニアが発生し、これが疲労物質となって筋肉疲労等が起こります。

一方、オルニチンには肝臓での解毒作用を促進する働きがあって、この働きにより運動で発生したアンモニアが無毒な尿素に変換されます。

筋トレサプリとしてアルギニンとオルニチンを同時摂取することは、非常に理にかなっています。

アルギニンを多く含む食物

アルギニンはDNAやRNAと結合しているタンパク質(核タンパク)での含有率が高く、魚類プロタミンでは3分の2がアルギニンになっています。

食物では、肉類、ナッツ、大豆、玄米、レーズン、エビ、牛乳などに多く含まれます。

アルギニンサプリのすすめ

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すことから、最近ではスポーツ飲料などにも配合されるようになりました。

また、オルニチンには糖や脂肪の燃焼を促す効果もあるといわれています。

この二つを同時に摂取することで、互いの栄養素の働きを高め合うことが期待できます。

オリインピアラボ社製のアルギニン&オルニチンは、わたしたちのワークアウトを力強くサポートしてくれるでしょう。

ショップで購入
スポンサーリンク

シェアする