ボディビルダーを含む多くのアスリートに胃腸薬「強力わかもと」が愛されている理由


マッスル北村をはじめ多くのボディビルダーやアスリートたちに愛されてきたのが「強力わかもと」です。

「強力わかもと」が登場したもは大正から昭和初期なので、実に1世紀近く販売され続けてきたことになります。

この間、一度も健康被害等の事故は発生しておらず、このことは「強力わかもと」の安全性を示しています。

つまり、数多くあるサプリの中でも、「強力わかもと」はもっとも安全性の高いサプリであるともいえます。

そこで、「強力わかもと」の何が多くの人たちの心をつかんだのか、その魅力に迫ってみることにします。

「強力わかもと」の誕生の背景

大正15年(1926年)から「わかもと」の研究がはじまったのは大正15年(1926年)でした。

当時はは国民の栄養状況が極めて悪く、国民の栄養向上を目的として行われた米胚芽と酵母の研究から「わかもと」は生まれました。

そして、新栄養剤「若素(わかもと)」として初めて発売されたのが昭和4年(1929年)のことでした。

その後、昭和6年(1931年)に「わかもと」に名称変更、昭和30年(1955年)には同じ技術を用いて乳酸菌を胚芽に生育させることにより、胃酸に強く、繁殖旺盛な乳酸菌が誕生しました。

乳酸菌を加えることにより、「わかもと」の消化作用と整腸作用を高めました。

「強力わかもと」の成分

「強力わかもと」の成分は次の通りです。

(ビタミンとして)ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸アミド、パテトン酸、葉酸、ビオチン、イノシトール

(ミネラルとして)鉄、リン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、アルミニウム

(必須アミノ酸として)イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン、ロイシン、ヒスチジン

(アミノ酸として)アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、グルタミン酸、シスチン、セリン、ブロリン

注意しなければいけないのが、これらが人工的に合成された栄養素としてではなく、ビール酵母、麹菌、乳酸菌に含まれる天然由来の成分であるということです。

「強力わかもと」に含まれるビール酵母は栄養豊富で、非常に多くのアミノ酸やビタミン・ミネラル類を含んでいます。また、「強力わかもと」に含まれるストレプトコッカス・フェカリス菌は生きたまま腸に届き、腸内フローラを改善します。

そして、麹菌であるアスペルギルス・オリゼーNK菌の培養末は消化酵素を生み出すことが期待できます。

「強力わかもと」の効果

「強力わかもと」は、麹菌による消化・乳酸菌による整腸・ビール酵母による栄養補給という3つの働きをもった胃腸薬です。

強力わかもとには以下の効果効能があるとされています。

胃もたれ、食欲不振、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、食べ過ぎ、胸つかえ、消化促進、整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

「エビオス錠」との違い

「強力わかもと」に大変よく似たものに「エビオス錠」というものがあります。この二つは味もほとんど同じで、見た目も区別がつきにくい外見をしています。

しかし、どちらもビール酵母をもとにつくられています。

「エビオス錠」はビール酵母のみ、「強力わかもと」はビール酵母に加え、乳酸菌と麹菌が配合されています。

「強力わかもと」が愛される理由


筋肉をつけようとしているときには、食事が非常に大切になります。

特に、バルクアップ時には通常よりも多くのカロリー、タンパク質を摂取します。

その時、消化吸収を助け、ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸をバランスよく補給してくれるのが「強力わかもと」です。

マッスル北村の影響は大きいかもしれませんが、多くの方が「強力わかもと」を利用しているのには、そういう理由があったわけです。

オススメ記事

ショップで購入する

スポンサーリンク

シェアする