筋トレ後の炭酸泉が身体にイイ理由


炭酸泉にはじめて入ったときは湯温の低さと体表につく小さな炭酸ガスの泡に驚いたことを思い出します。

今では、店によってはスーパー銭湯でも炭酸泉が楽しめるところもあるようです。

今回は炭酸泉の魅力についてまとめてみました。

なお、炭酸とは二酸化炭素のことです。

炭酸泉が血流を促進する理由

炭酸泉には血流促進という効果が期待できます。

空気中の二酸化炭素が皮膚を通して体内に吸収されることはほとんどありません。

しかし、お湯に溶けた二酸化炭素は非常に体内に吸収されやすいという性質を持っています。

体内に吸収された二酸化炭素は毛細血管の中に入っていきます。

そうすると、血液中の二酸化炭素の量が増え「酸素不足である」と脳が錯覚します。

不足した酸素を補うため、酸素をたくさん含んだ新鮮な血液をより多く供給しするため、微量のNOを分泌します。

分泌されたNOは血管を拡張し、一気に血流を増やします。

炭酸泉の温度は一般に高くありません。

しかし、低い温度であっても以上のような炭酸泉の働きによって、血流がよくなるです。

スポンサーリンク

炭酸泉の効能

炭酸泉へ入ることで血流をよくすることができます。

そして、血流がよくなることは、さまざまな効果を生み出します。

血行障害の改善

当然なことですが、血流がよくなれば血行障害の改善が期待できます。

具体的には動脈硬化や心臓病など循環器系疾患の症状が緩和されるほか、糖尿病、神経痛、リウマチ、冷え性、高血圧、肩こりなど多くの症状の緩和が期待できます。

炭酸泉は心臓の湯

炭酸泉の魅力は、何と言っても心臓に負担をかけずに血流をよくすることができる点につきるといっても過言ではありません。

炭酸泉には、普通のお湯のように血圧の上昇が起こりません。

炭酸泉は32°Cから38°Cと低温であるため、入浴直後の血圧の上昇が起きません。

その後も、二酸化炭素の働きによって血圧の上昇は抑えられます。

このように、炭酸泉は高血圧の人でも安心して入浴を楽しむことができます。

心臓に負担をかけずに血流をよくすることができるので、ドイツでは古くから「炭酸泉は心臓の湯」といわれてきました。

炭酸泉を筋トレ後にすすめる理由

血流がよくなることにより、新陳代謝が活性化します。

普段よりも多くの栄養素が筋肉など各組織へ運ばれます。

また、老廃物もより早く運び出されることになるなど新陳代謝が活性化します。

さらに、温泉に入ることによるリラックス効果など筋トレで疲れた体を癒すには最適です。

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする