糖質摂取による効率的な筋肉量増加の方法


トレーニング後にプロテインを摂取することは常識のようになりましたが、糖質=炭水化物に対しては未だに偏見があるようです。

炭水化物は体を糖化させ、健康上良いことは一つもないという考え方は間違っています。

糖質はエネルギー源となるだけでなく、バルクアップに欠かせない栄養素なのです。

筋グリコーゲンの減少がカタボリック代謝の引き金となる

ブドウ糖はグリコーゲンという形で肝臓や筋肉の中に蓄えられています。

この蓄えられたブドウ糖を筋グリコーゲンといいます。

筋グリコーゲンは筋トレ時のエネルギー源になります。

炭水化物の摂取量が少なければ筋グリコーゲンの量も少なくなり、筋トレ中に枯渇します。

筋グリコーゲンが底をつき、エネルギー切れを起こすと、筋タンパクを分解しエネルギー源として使うようになります。

これがカタボリック代謝と呼ばれているものです。

こうなると筋肉の量が減っていくことになります。

筋肉内に十分なグリコーゲンがある状態で筋トレをすることが大切です。

そうしなければ、筋トレによってあなたの筋肉は失われていくことになります。

バルクアップのためには適切な糖質摂取が大切

筋トレ後にはグリコーゲンの量が減り、疲労感として自覚されます。

筋トレ後の糖質摂取により、筋グリコーゲンの量が増加すれば疲労感も軽減します。

以上のことから、適切な量の糖質摂取はカタボリック代謝を防ぐとともに、疲労感の軽減に効果的であることがわかります。

さらに、糖質の摂取にはプロテインの吸収を促進するという効果も期待できます。

これは、インスリンの分泌と関わってきます。

糖質の摂取は血糖値の上昇を招き、血糖値の上昇がインスリンの分泌刺激となるからです。

そして、このインスリンには血糖値を下げるという働きだけではなく、筋肉の合成を促す働きもあるのです。

オススメ記事

運動前の糖質摂取を怠ったり、運動後に糖質を摂取しなかったりすると筋肉の分解を招いてしまいます。

したがって、トレーニング前の糖質の摂取とトレーニング後のプロテインと糖質の同時摂取が、筋量を増やすためには必要になります。

糖質の効果的な摂取方法

血糖値の上昇するスピードを数値化したものにグリセミック・インデックス(GI)というものがあります。

高GI値の食品はインスリンの分泌をより促進します。

よって、高GI値の食品ほど血糖の筋肉内への取り込みも促進されることになります。

このことから、GI値の低いバナナよりもGI値の高いおにぎりの方が疲労回復や筋力アップに適していることがわかります。

また、運動強度が高くなればなるほど、食べたものが胃から小腸へ移動する時間が長くなります。

糖質は小腸で吸収されるので、胃から小腸への移動時間が短いほどエネルギー補給に優れていることになります。

その点、マルチデキストリンは小腸への移動速度が速く、よりGI値が高いブドウ糖と比べても運動後の回復効果があることが知られています。

これが、バルクアップを謳ったプロテインパウダーには必ずといってよいほどマルチデキストリンが配合されている理由です。

プロテインとマルチデキストリンの同時摂取をオススメします。

ショップでの購入