20以降は要チェック|アンチエイジングの敵は糖化と筋肉枯れ

Ernestine Shepherd (1936 – )

参照p://ernestineshepherd.net/?page_id=2

この画像は女性ボディビルダーのアーネスティン・シェファードが79歳のときのものです。

この彼女の若さは毎朝10マイル(およそ16km)のランニングと週4のボディビルトレーニングの結果です。

彼女は主に茹でた卵白、鶏肉、野菜、液体の卵白ドリンクなどで、1,700カロリーを摂取しているそうです。

彼女が妹の死(1992年)をきっかけにボディビルに取り組み始めたということですから、彼女が56歳のときのことです。

アーネスティン・シェファードは様々なことを私たちに示してくれています。

筋トレを始める年齢に制限はないこと、ウェイトトレーニングと管理された食生活、そして運動習慣がアンチエイジングに効果的であるということです。

身体の糖化と筋肉枯れ

食事と運動はわたしたちの健康を支えているといっても過言ではありません。

食事や運動と密接な関係があるのが身体の糖化と筋肉枯れです。

そして、身体の糖化と筋肉枯れが老化の原因になっています。

糖化と筋肉枯れを引き起こさないようにすることがアンチエイジングの近道だともいえます。

身体の糖化とは何か?

加齢とともに肌は弾力を失い、シミやくすみが増え透明感もなくなります。

また、髪もハリやツヤがなくなります。

見た目のこのような変化は糖化が原因であると言われています。

タンパク質や脂質が体内にある余分な糖と結びつくことを(タンパク質や脂質の)糖化といいます。

糖化により肌は弾力を失い、糖化によって生まれた物質がシミやくすみをつくっているのです。

糖化は身体を造っているタンパク質や脂質の本来の性質を奪います。

タンパク質や脂質が糖と結びつき糖化を起こすときに生まれる物質を、糖化最終生成物(AGE)といいます。

AGEの特徴は褐色で硬いことです。

血管や内臓で糖化が起こるとさらに状況はさらに深刻になります。

糖化により血管の弾力がなくなれば血管はもろくなります。

糖化により腎臓のタンパク質が変性すれば、腎臓は本来の機能を失うでしょう。

このようなことからAGEは老化を促進すると考えられています。

筋肉枯れとは何か?

何もしなければ歳を重ねるごとに筋肉量が減少し筋力も衰え、腰やひざの痛みが生じたり骨折や転倒を招くなど、将来に寝たきりになるリスクが高まると言われています。

このような状況を表したものが「筋肉枯れ」という言葉で、2016年頃から目にするようになりました。

「筋肉枯れ」に関するオンライン上の情報はたくさんありますが、気になるものも少なくありません。

その一つはダイエットに関するもので、運動を伴わない食事制限だけに頼るものです。

このようなダイエットは筋肉枯れのスピードをさらに加速させる恐れがあります。

もう一つは運動に関するもので、筋肉枯れの対策として紹介されている運動の負荷が明らかに少ないものです。

筋肉量を増やさなければ、今進行しつつある筋肉枯れを止めることはできません。

筋肉量を増やすためには、筋肉しっかりと負荷を与え、栄養も十分に摂取することが大切です。

そのために有効な運動はウェイトトレーニングしかありません。
スポンサーリンク

自分の老いをチェックしてみよう

筋肉枯れは20代から始まっている可能性もあります。さっそく、チェックしてみましょう。

21項目以上該当すれば筋肉枯れ予備軍、51から筋肉枯れの可能性は高まっていき、85を越えると確定になるそうです。

該当が20項目以下の場合は合格です。

電車の中ですぐ座る
片足立ちで靴下が履けない
階段を手すりなしで下りられない
平地でもつまずくことがよくある
「徒歩15分」とあったら、タクシーやバスに乗る
階段とエスカレーターがあったら、エスカレーターを使う
2~3㎏の荷物を持って帰ると、膝や腰が痛くなる
7㎝のハイヒールの靴を履いて15分以上立っているのはつらい
床に座った状態からは、手をつかないと立ち上がれない
笑ったりくしゃみをすると、おならが出たり尿漏れすることがある
小走りすると、膝や脚のどこかが痛くなる
30分以上の運動を週に2回もしない
以前より太ももがけっこう細くなってきた
握力が弱くなってきたような気がする
得てして運動不足である

OurAge(集英社)より

まとめ

最後に、Youtubeで見つけた下の動画をご覧ください。

信じられないほどの若さを持ち続けている人々が登場しています。

それは奇跡ではなく、生活習慣の改善とほんのわずかな努力によって手に入れることができるものなのです。

あなたも食生活を見直し、ウェイトトレーニングを生活の中に取り入れてみませんか?

オススメ記事
スポンサーリンク

シェアする