噛み合わせとスポーツパフォーマンスの向上とマウスピースの有用性


最近、興味があるのがマウスピースです。

購入しようか迷っているところです。

きっかけは、高倉健のドキュメントでした。

高倉は、「俳優は肉体労働」だと語る。どんなに年をとっても、演じる以上は常に体を最高の状態に保っておかなければならない。そのために、細心の注意を払ってきた。例えば、朝食はナッツのたっぷり入ったシリアルにヨーグルトをかけたものときめている。毎日同じ物を食べることで体のリズムを整える。そして、体型を維持するため、大好きな甘い物も我慢し、夕食まで食べ物はほとんど口にしない。ウオーキングも欠かさず行い、ウエストも体重も何十年も変わらないという。さらに、朝起きるとマウスピースをかみ、脳に刺激を与える。
数年に一度しか映画に出演しない高倉にとって、日常のほとんどは人目に触れることのない日々だ。だが高倉は、どんなときであろうと映画に出演できるよう、体の管理を徹底してきた。

仕事の流儀|高倉健スペシャル➡️

折しも、筋トレとマウスピースの関係をいろいろと調べていたので、マウスピースへの関心が一気に高まったという感じです。
スポンサーリンク

噛みしめは筋出力の一時的アップに効果あり?

いろいろと調べてみると、「噛 みしめの骨格筋機能に対する賦活作用」という記事を見つける事ができました。

医歯学の専門家の方により記事ですが、これには「噛みしめという行為により一時的に神経系の改善がなされ、筋力向上が望める」というような内容でした。
参考:噛みしめの骨格筋機能に対する賦活作用(PDF)➡️

筋トレと噛みしめ

筋トレ限定でマウススピース使用について調べてみると、いろいろな考え方のあることがわかります。

「筋トレ時の力みはフォームを崩したり、首や肩の負担を増すことになりかねない。したがって、筋トレ時に噛みしめることはよくない。」というのが、不要派の考えです。

一方、マウスピースは必要で、筋出力の向上のためには程よく噛みしめることが大切だからだという考え方もあります。

噛みしめることの効果がどれほどのものなのか、また本当に効果があるのかなど疑問はつきません。

ただ、現在ではスポーツ歯科医学会という学会もあり、歯の噛み合わせとスポーツでのパフォーマンスの関係が明らかになりつつあるというのが事実のようです。

まとめ

高倉健さんも愛用していたマウスピース。

普段は意識することのない噛みしめという行為には、思った以上に健康と深い関係があるようです。

マウスピースをつくろうか、どうしようかという迷いは益々大きくなりました。

ショップで購入する
スポンサーリンク

シェアする