DHTによる男性型脱毛症とその対策

アナボリックステロイドを使用していると、副作用の一つとして男性型脱毛症を発症することがあります。

副作用としてはそう頻繁に現れるものではなく、あまり心配しなくても良いようです。

しかし、最近ではTVのCMなどでも割とよく耳にする言葉なので、少し詳しく調べることにしました。

オススメ記事

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症 – Wikipedia➡️

男性型脱毛症はAGA(androgenetic alopecia)と表記されることもあります。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪を中心にその症状が現れます。

その原因と考えられているのが、DHT(ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響です。

DHTはAGA患者の脱毛部に高濃度にみられることから、現在ではDHTはAGAの原因物質と考えられています。

AGAは男性に限らず、女性も発症することがあります。

AGAは遺伝的な要素が大きく関わっているので、心当たりのある人は要注意かもしれません。

AGAでは毛包がまだ残っているので、現在では治療可能と考えられています。

髪の毛が太く長く育つ可能性が残されているからです。
スポンサーリンク

AGAへの対処

AGAへの対処としては、専門クリニックの受診が一番おすすめです。

AGA・薄毛治療が受けられるクリニックを、ググってみましょう。

通院する時間がない場合には、別の対処法を検討しましょう。

その一つとして挙げられるのが、デュタステリドなどのDHD生成阻害薬を使用するという方法です。

デュタステリドは、AGA(男性型脱毛症)発症要因となるDHT(脱毛男性ホルモン)を抑制する医薬品成分です。

プロペシアは日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた、数少ないAGAの正式な治療薬です。

しかし、そのプロペシアよりも効果的だとされているのが、デュタステリドです。

デュタステリドの脱毛抑制効果はプロペシアの主成分であるフィナステリドよりも高いという臨床データがあるそうです。

また実際に、個人輸入やAGA専門医師からの処方による利用者統計では非常に効果的な改善例が多数示されているようです。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする