メダナボル服用中止から40日間断酒と食事制限した結果


飲酒しながら6ヶ月間Aステロイドを連続使用した結果、ALTの数値が111という異常値を示しました。

その後、Aステロイドの使用を中止するとともに、食生活を見直し40日が経過し、再検査を受けることにしました。

オススメ記事
スポンサーリンク

これまでの経過

これまでの経過は次の通りです

2017/2〜2017/7
メダナボル使用

2017/8〜9/21
メダナボルの使用は中止(ただし、飲酒は継続/食事は普段通り)

2017/9/22
第1回目の血液検査の結果が出る

2017/9/22〜10/24
メダナボルの使用は中止(断酒/「糖質制限」、1日1食、1日2食)

2017/10/25〜
メダナボルの使用は中止(飲酒再開、週に4日程度、ご飯のおかわりは2杯まで)

2017/12/11
第2回目の血液検査の結果が出る

これを見てもわかるように、ケアサイクルに入ってから4ヶ月以上が経っています。
スポンサーリンク

2回目の血液検査の結果

2回目の血液検査の結果は次の通りでした。

2014 2017 今回
AST 36 77 45
ALT 48 151 62
γ-GTP 38 41 30

参考までに、2011と2013年の結果が残っていたので見て見ると・・・

2011 2013
AST 36 28
ALT 62 40
γ-GTP 43 31

今回の数値を過去の数値と比較して見ると、γ-GTPについては一番良い値が出ていることが確認できます。

ASTとALTに関しては基準値をはみ出しているとはいえ、1回目の検査結果に比べると大きく改善されていることがわかります。

これらは、断酒の効果によるものと思われます。

まとめ

医者によると、脂肪肝の疑いがあるとのことでした。

事実、毎日5kmほどのジョギングをしたことがありましたが、その時はAST、ALT、γ-GTPの値が3つとも正常値でした。

このときの資料は手元になく、病院側に残っている記録によるものでした。

アナボリックステロイドを半年以上、連続使用したにも関わらず、その副作用はそれほど深刻なものではないといえます。

そして、それは「命に関わる」あるいは「人生をダメにする」というものではないことがわかります。

3ヶ月スパンでオンとオフを切り替える方法では、副作用をかなり抑えられることが期待できそうです。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする