血流増と血管の若返りに効果のある亜硝酸塩(NO)を豊富に含むビーツとは


1998 年にルイス、ファーチゴット、ムラドの3名が、そのNOの研究の成果が認められ、ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

それを機に、NOの効果は世界中で注目を浴びる事となりました。

NOの働きは、血圧低下からスタミナアップまでと幅広く医療からスポーツまで各業界で注目されています。

NOの主な働きの1つが、血管を柔軟にし血流を増やす働きで、もう1つがコレステロールの堆積や血栓の発生を抑える働きです。

これにより、NOには血圧を下げる、動脈硬化の予防、血流の増加、ダイエット効果、老化防止、美肌効果、基礎代謝の向上などの効果があります。

現在、多くのNOサプリメントが市販されていますが、同じような働きがビーツという野菜にあることが注目されています。

ビーツとはどのような植物なのか調べてみました。

オススメ記事
スポンサーリンク

ビーツとは

ビーツはカブによく似た外見をしていますが、カブとは関係のないアカザ科の植物でその根はボルシチに使われます。

ウクライナの伝統的な料理で、鮮やかな深紅色をした煮込みスープです。

その深紅色はビーツによるものものです。


ウクライナの紅ボルシチ Wikipediaより➡️

ビーツとNOの関係

ビーツを食べることで、どうしてNOの効果が得られるのでしょうか。

実はそのことには、ビーツに多く含まれている亜硝酸塩(亜硝酸イオン NO2 をもつ塩)が関わっています。

わたしたちの身体の中では、酵素によって亜硝酸塩から一酸化窒素NOへの変換が行われます。

このとき発生したNOが、さまざまな健康効果をもたらすのです。

どうやって手に入れるか

取り扱っている店もあるようですが、あまり見かけないというのが現実です。

近くのスーパーなどで手に入らない時には、ネット通販を利用するのがよいでしょう。

ショップで購入する

スポンサーリンク

また、種子を購入して自分で栽培するというのも面白いかもしれません。

ショップで購入する

スポンサーリンク

栽培方法については、本もいろいろ出ているようです。

ショップで購入する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする