人生をより濃いものにする男のための滋養強壮剤の選び方

オススメ記事

前回の記事「歳をとると筋トレをしなくなる3つの理由」でも書きましたが、特に歳をとったときの気力の衰えには如何ともしがたいものがあります。

気力の衰えといえば滋養強壮ということになわけですが、どのようなものがあるのでしょうか。

よく耳にするものだけでも、赤まむし、すっぽん、にんにく、マカ、トンカットアリ、クラチャイダム(ショウガ)というように大変多くのものがあります。

それらを主成分とするサプリメントとなると、正直なところ、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。

そこで、今回は滋養強壮サプリの選び方について考えてみました。
スポンサーリンク

成分は体に吸収されて有効となる

どのように優れた成分でも、体に吸収されなければ効力を発揮することはできません。

したがって、「体に吸収されやすい成分」かどうかが一番の鍵になります。

このことの大切さを一番よく表しているのがコラーゲンサプリです。

オススメ記事

一昔前まで、すっぽん鍋を食べればコラーゲンで肌がモチモチになると信じられていました。

そこで、巷には多くのコラーゲンサプリが登場することになります。

しかし、これに対して「コラーゲンはタンパク質の一種だから、消化吸収の過程の中でアミノ酸に分解される。したがって、コラーゲンを摂取しても意味がない」と異を唱える人たちが出てきました。

通常、コラーゲンはアミノ酸に分解されてしまうので、コラーゲンを経口摂取したとしてもコラーゲンが補填されることはないというわけです。

しかし最近では、より分子の小さいコラーゲンペプチドの形で摂取した場合はアミノ酸まで分解されることはなく、コラーゲンのまま体内へ吸収され、さらに体内でのコラーゲン産出を高めることが確認されています。

コラーゲンサプリをめぐるこのような話は、いろいろなlことを教えてくれています。

せっかくの成分も消化吸収の際に分解されてしまっては効果を発揮することはできません。

滋養強壮サプリについても、その成分が分解されることなく、より効果の高いものを摂取したいものです。

そういう観点から、現在、注目しているのが新田ゼラチンのコラーゲンペプチド、マカックス、グルコン酸亜鉛そしてバイオペリンです。

新田ゼラチン・コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドを選ぶなら、迷うことなく新田ゼラチンのものが一押しです。

新田ゼラチンは原料調達から製品化までをすべて自社で行なっているゼラチン・コラーゲンに特化した会社です。

また、その製品は医療分野までカバーしており、十分信頼しうるものになっています。

新田ゼラチンのコラーゲンペプチドの開発には食品機能学の第一人者である城西大学薬学部教授の真野博氏も共同研究者として名を連ねています。

最近の研究報告では、コラーゲンペプチドの摂取は関節だけではなく血糖値の上昇抑制、さらに脳機能改善にも期待されているようです。

腱や関節を酷使しがちなトレーニーにとってコラーゲンペプチドの摂取は検討の価値ありです。

そして、コラーゲンペプチドを選ぶなら、新田ゼラチン一択でしょう。

公式サイトで購入する

スポンサーリンク


MACAXS(マカックス)

MACAXSはTOWAコーポレーションが製造販売しているマカ・エキスパウダーです。

TOWAコーポレーションではいろいろな大学との共同研究により、その機能性解明研究を行なっています。TOWAのHPへ

TOWAのMACAXSは栄養補給バースナックなどの一般食品、化粧品など、様々な製品に対する健康機能付加のためのマカ・エキスパウダーで、主に企業向けに販売を行なっているようです。

マカを成分とするサプリメントはいろいろなものがありますが、MACAXSかどうかは1つの決め手になるでしょう。

グルコン酸亜鉛

亜鉛サプリメントにはさまざまな形のキレート亜鉛が使われています。

日本で販売されている亜鉛サプリのほとんどはグルコン酸亜鉛が使用されています。

グルコン酸亜鉛は胃への刺激が少なく溶解性が高いのが特徴ですが、生体への吸収率は高くないのが欠点です。

吸収率という面でおすすめなのがカルノシン亜鉛です。

カルノシン亜鉛は値段がやや高いのが欠点ですが、胃への刺激が少なく空腹でも摂取可能で、吸収もゆっくりですが確実に行われるのが特徴とされています。

医薬品のプロマックD錠、ポラプレジンクに使われているのがカルノシン亜鉛です。
スポンサーリンク

バイオペリン

バイオペリンは黒コショウから抽出された成分で、アメリカのサビンサ社の登録商標です。

コショウはインド原産の植物の実をすりつぶしたもので、料理のスパイスとして親しまれています。

ぴりっとした刺激と独特の香りがあり、肉料理などによく利用されます。

黒コショウの辛味成分ピペリンには、血管を広げて血液の流れを促す作用があり、冷えや血行が悪い時におすすめです。

血液の流れを良くすることで、代謝をアップさせ、脂肪燃焼にもつながります。

また、バイオペリンの一番の効果は「一緒に飲んだ成分の吸収率の向上」です。

バイオペリンと同時に飲んだビタミンB6は吸収率が60%も上がったとも言われ、効果が期待されています。

ビタミンやミネラル、アミノ酸など、栄養素の効果を引き出すものとしても注目されています。

オススメ記事