毛細血管の再生がアンチエイジングに効果的な理由と効率的に毛細血管を増やす方法


http://www.tamabi.ac.jp/idd/shiro/scaling/fractale/fractale.htmlより

毛細血管という言葉は誰もが一度は聞いたことのある言葉です。

この毛細血管のゴースト化が老化に深く関わっていることがわかっています。

毛細血管のゴースト化とは、血管壁の細胞がダメになり、うまく血液が流れなくなる現象です。

毛細血管のゴースト化と老化の関係を理解し、毛細血管を増やすことがアンチエイジングの要ともいえます。
スポンサーリンク

毛細血管の役割

毛細血管のゴースト化と老化の関係を理解するために、毛細血管の役割について整理してみましょう。

血管には動脈、静脈、毛細血管の3種類があります。

細胞組織で酸素や栄養素、そして老廃物の受け渡しを行うのが毛細血管です。

動脈や静脈は酸素や栄養素などを運ぶ血液の通り道で、細胞との受け渡しは行なっていません。

血液の大切な役割もおもに毛細血管で行われています。

この毛細血管は血管全部の長さの95%を占めていると言われています。

次に引用した24の症状にはすべて毛細血管が関わっていると言われています。

毛細血管が関わっている24の諸症状サライより➡)

□顔色が悪い
□シミ、シワ、毛穴の開き、たるみ、くすみなどが目立つ
□髪が細くなった、薄くなった、白髪が増えた
□顔や脚などに細い血管が浮き出ているところがある
□傷や腫れが治りにくくなった
□疲れやすく、疲れが抜けない
□胃もたれ、胸ヤケ、胃腸の調子が悪い
□便秘、下痢、またはその両方を繰り返す
□便やおならが臭い
□風邪を引きやすい
□花粉症、アレルギー体質
□不安、イライラなどストレスが多い
□寝つき・寝起きが悪く、眠気が抜けない
□血圧が高め、または高血圧
□冷え性
□汗っかき
□頭痛、首・肩のコリが気になる
□物忘れが多く、集中力が低下した
□目が乾く
□口が渇く
□鼻血が出る
□口臭が気になる
□脈が乱れる
□めまいや立ちくらみがある

私たちの健康にとって、毛細血管がいかに大切かがわかると思います。

また、細胞との受け渡しをする毛細血管がダメになっていたら、どんなにサプリメントを摂取しても効果は出ないということもわかります。

毛細血管のゴースト化

毛細血管の劣化は40代から始まると言われています。

ゴースト化を起こすと血管そのものはあっても、血液は細胞組織へ流れなくなります。

そのため、酸素や栄養素、老廃物の受け渡しを行うことができなくなります。

60代では20代に比べると毛細血管の数は4割りにまで減少するとも言われています。

これはゴースト化を起こした毛細血管を放置したため、その毛細血管そのものが消滅したからです。

ゴースト化した毛細血管を再生する方法

毛細血管を若返らせるためには、血流量を増やすことが大切だと言われています。

そして、運動後30分以内にプロテインを摂取することにより、血流量を増加させることが報告されています。
熱中症環境保健マニュアル2014(環境省)p38

効率よく毛細血管を再生するには、運動後30分以内のプロテイン摂取が効果的です。

筋トレがアンチエイジングに効果的なわけ

筋トレ→プロテイン摂取という流れは毛細血管の再生を促します。

そして、再生した毛細血管は栄養素を体の隅々にまで行き渡らせるだけではなく、体の隅々から老廃物を取り除きます。

あなたも筋トレ習慣を生活の中に組み込んではいかがでしょうか。

GOLD’s GYM公式サイトへ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする